管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS これは選手云々以前の問題だと思うが。

<<   作成日時 : 2016/05/04 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サッカーのクラブ選手権と言うとヨーロッパで行われているUEFAチャンピオンズリーグなんてのが有名だと思いますが、アジアでもAFCチャンピオンズリーグというのがありますが、そのACLの浦和レッズ対浦項スティーラーズ(韓国)戦の試合後にちょっとしたトラブルがおこったようですね。

「浦和レッズがACL日韓対決で乱闘寸前にエキサイト! 韓国人DFのあまりのマナーの悪さが引き金に」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160503-00010020-soccermzw-socc
「【浦和】韓国人選手の「許されない行為」で乱闘寸前に。笑顔の守護神・西川周作が大激怒」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160504-00015642-sdigestw-socc&p=1

なんかこの試合、試合中にも審判の誤審騒動があったようで、本題に入る前にこの件に関して思うのですが、サッカーもある意味流れのスポーツですから、流れを途中で切られてしまうという意見もあるでしょうが、やはりこういった誤審を防ぐためにも前後半各1回(延長に入ったらさらに1回プラス)だけチャレンジシステムを導入するとか、あるいはせっかく「第4の審判」がいるんですから、なんか判定に疑問があったらその第4の審判が「物言い」を付けられるようにして審判団が競技する、と言ったようなシステムは導入できないのでしょうかね? FIFAもその辺をもっと考えてほしいと思いますが。

で、本題に戻りますが、まあ今さら韓国の選手のマナーの悪さはそれこそ2002年の日韓ワールドカップ以来世界中に知れ渡っていると思いますので、いまさら云々しても仕方がないのかもしれませんが、逆にいうと14年間一歩も進歩していない、という事になるんど絵はないでしょうかね? もし仮に韓国(つまり浦項スティーラーズのホーム)で同じようなことを浦和レッズの選手がやったとしたら浦項の選手たちはどう思うのでしょうか?
サッカーでは試合前のセレモニーで「FIFA FAIR PLAY」のフラッグをもって子供たちが入場してきますが、やっぱりサッカーに限らずスポーツの試合というのは選手が競技場を去るまではフェアプレーを心がけてほしいし、こういったことは辞めてほしいと思いますが。

いずれにせよ浦和レッズには今回の結果にめげずに8年ぶりの日本のクラブ優勝を目指して決勝トーナメントを戦ってほしいと思います。


UEFA EURO 2016 / ウイニングイレブン 2016 (「特典」myClubモードで使えるスペシャルなアイテムDLC 同梱)
コナミデジタルエンタテインメント
2016-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by UEFA EURO 2016 / ウイニングイレブン 2016 (「特典」myClubモードで使えるスペシャルなアイテムDLC 同梱) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これは選手云々以前の問題だと思うが。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる