管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当に大丈夫なのかね?

<<   作成日時 : 2016/05/28 19:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日まで行われていた大相撲夏場所で37回目の優勝をした横綱・白鵬ですが、ただ最近どうもその白鵬の取組に関して結構批判が多いのも事実で、例えばいきなり立ち合いで変化をしたり、あるいはかち上げ(プロレスでいうところのエルボー攻撃)をしたり、と言ったことに関して「横綱らしくない」というのが結構多いんですよね。
まあ白鵬に言わせれば「相撲は勝てばいい」という事になるのかもしれませんが、こういうことが出てきた、というのは逆を言えば白鵬の力そのものが落ちてきたのではないか、という事になるますが、それはとにかく、その先場所で白鵬のかち上げを食らった豪栄道がこんなことになったようで。

「豪栄道が眼窩骨折=白鵬のかち上げで―大相撲」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-00000070-jij-spo
「豪栄道が左目付近骨折…夏場所の白鵬かち上げで」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/20160528-OYT1T50094.html

その白鵬との取り組みがあったのは12日目で、その後例えば目に異物感があった、とかなんか目の周りが痛い、とかいったことがあったのかどうか知りませんが、その後の3日間は2勝1敗、結局9勝6敗という成績だったのですから、まあよく千秋楽まで勤め上げたな、という気もしますし(こういう場合公傷制度が適用されるのかどうかは知らないが)、視力などにも影響がない、という話ですからまだ名古屋場所まで時間がありますか本人としては大丈夫かもしれませんが、それにしても今後もこういった事態が起こるんじゃないか、という気がしてきますよね。

もちろんかち上げそのものは禁止技じゃありませんし、ある意味白鵬にとっては最大の武器を手に入れた、という事になるかもしれませんが、もし(ご存知の通り肘というのは結構固いから)、でもこれで例えば肘の入った場所が悪くて相手の力士が失明した、なんてことになったら白鵬はどうする気なのでしょうかね? まあ、いずれにせよ白鵬がそういったのを出しても負けずに倒すことができるように他の力士たちがもっと奮闘しなければいけないのかもしれませんが。

いずれにせよ豪栄道には早く治して万全の状態で名古屋場所に出てきてほしいし、今回の負傷をものともしない活躍をしてほしいですが。


NHK大相撲ジャーナル2016年7月号
アプリスタイル
2016-05-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大相撲ジャーナル2016年7月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当に大丈夫なのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる