管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS みんな理解していないんじゃないかと。

<<   作成日時 : 2016/05/12 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年からプロ野球には「コリジョンルール」というのが導入されたのはご存知だと思いますが、コリジョンルールとはわかりやすく言えばランナーが本塁に入ろうというときにキャッチャーがボールを持たずに完全にその走路を完全にふさいではいけない、というプレーで、これはどちらかと言うと本塁突入時にランナーがキャッチャーに体当たりをしたりして負傷させるのを防ぐため、と言ったルールだと管理人は思ってたんですよ(正直投手に「危険球退場」があるなら野手にもこういった「危険プレー退場」があってもいい、と思ってたし)。ただどうもそれがうまく機能していないんじゃないか、という事例が昨日の甲子園球場で行われた阪神巨人戦であったようで。

「TG戦の勝敗を分けたコリジョンルールの適用は正しかったのか?」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000002-wordleafs-base&p=1
「阪神−巨人戦のコリジョン適用…MLB関係者 議論重ねたメジャーでは「あれはアウト」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000088-dal-base

管理人もダイジェスト動画を見てみたのですが、原口選手がもう少し前(たとえばホームベースの前)で捕球していたとしたら間違いなくコリジョン適用ではないか、と思うのですがダイジェストを見てみる限り確かに右足が本塁上にあるものの、これって見ようによってはどちらにでも受け取れるのではないか、という気もするんですよね。なんか金本監督は猛抗議した、という話だし、もし判定がアウトのままだったとしても、やはり昨日の試合で阪神は負けていたかもしれませんが、「たとえ負けたとしてもあれがアウトの判定の方がよかった」と思う阪神ファンもいるかもしれませんね。

でも考えてみるとコリジョンルールというのはまだ導入1年目のルールなんですよね。正直言って危険球退場のルールが導入された年も「え? なんで今ので危険球退場になるの?」と思ったことがしばしばあったことを考えても、コリジョンルールの関してもまだまだ詳しく理解している人が少ないのではないか(もちろん管理人も詳しく理解していない中の一人)、という気もしてくるんですよね。
これからもこういったプレイが出てくるだろうと思いますし、来年のWBCや(復活すれば)2020年東京五輪という大舞台もありますから、こういったトラブルが起こらないようにもっと判定の基準をはっきりしてほしいですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みんな理解していないんじゃないかと。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる