管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS とんでもないデビュー戦となったようで。

<<   作成日時 : 2016/04/07 19:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本人がメジャーリーグの試合でデビューしたとなると「果たしてデビュー戦の結果はどうなるのか」と言ったことがどうしても気になるものだと思いますが、今年からロサンゼルス・ドジャースの一員となった「マエケン」こと前田健太投手が衝撃的なデビュー戦となったようで。

「前田が白星デビュー!6回無失点の好投に本塁打」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160407-00000027-jij_afp-base
「【MLB】デビュー戦で本塁打の前田は「レジェンド」 同僚は喜びすぎで“儀式”できず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160407-00010015-fullcount-base

まあ、メジャーリーグの場合はそれこそノーヒッターのような記録がかかっている場合などを除けば先発投手というのは6〜7回まで投げてあとはセットアッパー→クローザーと継投するのが普通なので6回無失点の好投はデビュー戦としては上出来だと思いますが、何といっても驚くのはメジャー初ヒットがホームラン、しかもチームの今シーズン第1号という事でして。

日本のセ・リーグと同じようにナショナル・リーグは投手が打席に立ちますし、中には野手顔負けのバッティングをする投手もいますからね。前田投手はPL学園時代4番を打っていた、という話ですから(高校野球では投手がクリーンアップを打つ学校もありますけれど)、前田投手は打撃にも自信があった、という事になるのかもしれませんね。
日本ハムの大谷投手のような二刀流、とまではいきませんけれど、メジャーの場合は決着がつくまで延長戦を行いますから、打つバッターがいなくなったら前田投手が代打になる(ちなみにDH制採用のアメリカン・リーグでも打者がいなくなったら投手が代打になることが当たり前)、なんてこともあるかもしれませんね。

まあ、でも「勝って兜の緒を締めよ」じゃありませんけれど、これだけのデビューを飾るとなるとチームの期待も大きくなるだろうし、そのプレッシャーに押しつぶされないようになってほしいですね。
前田投手のメジャー生活はまだ始まったばかりだから何とも言えませんが、やはり同じ日本人として1勝でも多く勝ってほしいと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
とんでもないデビュー戦となったようで。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる