管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 50年間お疲れさまでした。

<<   作成日時 : 2016/04/30 19:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日曜の夕方5時30分からやっている番組、と言えばおそらく日本国民のほとんどは日本テレビ系列の「笑点」を思い浮かべる人が多いと思いますが、その第1回の放送から出演し、現在は司会を務めている桂歌丸師匠が5月22日の生放送をもって番組を降板することを発表したそうですね。

「桂歌丸「笑点」50周年で大喜利司会引退発表 ラストは5月22日生放送」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-00000115-spnannex-ent
「歌丸「笑点」大喜利司会卒業に反応続々「寂しい」「後任は誰?」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-00000121-spnannex-ent

考えてみると歌丸師匠も10年前に、前任の5代目三遊亭圓楽師匠から司会の座を受け次いだわけですけれど、なんだかここ数年は番組を休むことが多いな、という気がしてたんですよね。まあ、本人も今回の降板は体調の問題もある、という事のようですし、ここ最近の報道なんかを見ていると管理人も近いうちに司会を辞めるのではないか、と思ってはいたのですが、それがまさか1か月後になるとは予想しませんでしたけどねえ。ただ師匠も昨年秋の時点で日本テレビに降板を申し入れてたそうですから、最近の一連の発言もそれが念頭にあってのことかもしれませんね。
まあ、考えてみれば第1回から50年間出演し続けていて、今年で80歳という話ですからね。その50年の間に「笑点」のレギュラーメンバーも何人も変わってきているし、先に上げた5代目圓楽師匠の他にもすでに鬼籍に入った人も多いですからね(ちなみに笑点の歴代司会者は歌丸師匠を除く全員がすでに鬼籍に入っている)。そう考えると50年間というのが相当長い時間だったな、という事になると思いますが。

まあ、本人はこれからも落語家は続けていく、という話だし、50年間レギュラー&司会として番組を支えてきたからか、「終身名誉司会」という肩書で直前に放送される5分番組の司会は続ける、という事のようですが、やはり気になるのは後任の司会者でして。実は管理人も数年前までは(元・楽太郎の)6代目圓楽師匠が最有力と思っていたのですが、今ではどうかな、と思いますし、かといってあれだけのメンバーを束ねられるだけの司会者がいるのか、という気もしますし。
いずれにせよ歌丸師匠にはお疲れさまでした、と言いたいですし、後任司会者が誰になるのか、注目していきたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
50年間お疲れさまでした。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる