管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 何とか息子が活躍してほしいけれど。

<<   作成日時 : 2016/04/23 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「元巨人・山本功児氏、肝臓がんのため64歳で死去」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00000118-sph-base
「山本功児氏死去 64歳、元ロッテ監督、巨人で4番 長男はDeNA」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00000127-spnannex-base

山本功児さん、と言うとちょうど巨人に入団したころ(1976年)が、当時丁度同じ巨人のチームメイトだった王貞治氏が円熟期に差し掛かったこともあってか、どうも王さんの控え選手だった、というイメージが管理人にはあるのですが、それでも王さんが現役を引退する1980年までの間に7回4番打者になったというし、どちらかと言うとロッテに移籍してからの方が(監督も務めたこともあってか)、活躍していたような気がするのですが(苦笑)、ただ山本氏が移籍した当時のロッテ(1984〜88年)は千葉に本拠地を移す前だし、千葉移転後に監督を務めていたころ(1999〜2003年)も今のようにAクラス争いができるようなチームだった、というわけでもありませんでしたからね。いろいろと大変だったとは思いますが、それはそうとまだ64歳だったというのに管理人は驚きまして。

今、息子の山本武白志(むさし)選手が横浜DeNAに育成選手として所属していますが、その息子が九州国際大学に進学したのを機に福岡まで引っ越した、というのですから、やはり長男が父親と同じ道を歩んだ、という事に対して期待していた表れだったのかもしれませんね。ただ(これは管理人の想像にしかすぎないが)、プロとはいえ、育成選手というのにはちょっと心残りがあったままだったのでないか、という気がするんですよね。
育成選手というのはいわば「三軍」だし、二軍の試合には出ることはできますけれど、あくまでも数年後の支配下登録を目指しての育成目的ですからね(中には巨人の堂上剛裕選手のようにまず移籍直後に育成選手契約をしてから、のちにシーズン開始前に支配下選手登録をする、という選手もいるが)。結局それで支配下登録になることができずに球界を去って行った選手も多いことですし、やはり父親としては息子が1軍の試合に出ることを願っていたのではないか、という気もしますが。

まあ、いずれにせよ今DeNAの選手の事情がどうなっているかわかりませんし、武白志選手がDeNAの中でどれだけの実力を持っているのか、という事も分かりませんが、いずれにせよ父親の期待に応えるためにも一日も早く支配下登録を勝ち取ってほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何とか息子が活躍してほしいけれど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる