管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 世代交代の時期が来ているのか?

<<   作成日時 : 2016/03/05 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月29日から始まったリオ五輪の女子サッカーアジア最終予選ですが、ここまで「なでしこジャパン」こと日本代表は2敗1分けの勝ち点1という結果で残り2試合残しているものの、仮に2試合に勝っても次節の試合で中国が引き分け以上で自動的に五輪出場が消滅する、という瀬戸際まで追い詰められてしまったようですね。

「リオ五輪出場は厳しく…なでしこ、次節キックオフ前に終戦の可能性も」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00407717-soccerk-socc
「JFA大仁会長「このチームは古い」…佐々木監督は進退明言せず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-01625038-gekisaka-socc

2011年の女子W杯で優勝、2012年ロンドン五輪銀メダル、2015年女子W杯準優勝という結果を残し、しかも開催地が日本、という事を考えると正直言って管理人、戦前の予想では余裕で五輪出場を決めるのではないか、と思っていたんですがねえ。初戦のオーストラリア戦で負けた、と聞いたときは一瞬「え?」と思ったのですが、それでもまあ五輪は決めるだろうと思っていたのですが、2戦目で引き分けに終わったとき「なんかこれはまずいな」と思うようになったんですよね。ましてや男子がU-23アジアカップで大逆転勝利を収めて優勝、という結果で五輪出場に花を添えたのと比較するとなんでここまでなでしこは落ちたんだ? と思えてきますね。

まあ、これまでチームの大黒柱だった澤選手が昨年引退したことで精神的な支柱を失ってしまったこともあるだろうし、出場資格は23歳以下+オーバーエイジ枠最大3人まで、という男子と比べると女子は年齢制限がない分、選手の高齢化、というのは避けられない部分があると思うのですが、何かなでしこの場合は世代交代が上手くい追っていない、という事なのでしょうか?

今回の結果如何によっては佐々木監督の退任もあり得るようですが、日本は4年後には東京五輪が控えているし、2023年には女子W杯を日本に招致しようという計画を進めているのですから、やはり開催国として恥ずかしくないチーム作りをするためにも、この大会が終わった後には思い切った世代交代が必要になってくるかもしれませんね。今からなら2019年の女子W杯(フランス)には間に合うと思いますから。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世代交代の時期が来ているのか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる