管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんか最近多くないか?

<<   作成日時 : 2016/03/22 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年11月にパリで同時多発テロが発生し、先日、その実行犯と思われる人物が逮捕された、とかいう話を聞きましたが、なんだか最近こういったテロ騒動が起きているな、という気がしますね。そんな中、今度はベルギーでテロ騒ぎが起きたようで。

「同時テロか、21人死亡=空港、地下鉄駅で爆発―警戒レベル最高に―ベルギー首都」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-00000085-jij-eurp
「ブリュッセルの空港と地下鉄で3度の爆発、警戒レベル最高に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-35079938-cnn-int

まあ、空港と地下敵の駅で爆発騒ぎが起きる、というのはテロの可能性が高い(というか管理人はテロじゃないか、と思うが)とおもいますが、とにかく現地にも仕事や観光で言っている日本人がいるはずですから(ましてや空港だとその可能性は高いし)、日本政府や外務省は情報収集に当たってほしいですが、まあそれにしてもkじぇっ工ヨーロッパってこういい建てろが多いような気がするのは管理人だけでしょうか?

まあ、確かにヨーロッパは最近はシリアなどからの難民が大勢押し寄せてきてベルギーのみならずEU全体で問題になっている、と聞いたことがありますが、まあ、EUは確か加盟国内での国の行き来は自由だという話を聞きますし、もし仮にある国が難民を規制したとしてもよその国に行ってしまう可能性もあるわけですしね。
まあ、これはそれが理由というわけでもないでしょうが、その中には難民を装ってEU各国に入国するISのような過激なイスラム主義者といる、という話も聞いたことがありますしね。そういった連中がテロを起こすという事になるのでしょうか?

いきなり話が飛びますが、今年の米大統領選で共和党候補者のトップを走っている(であろう)ドナルド・トランプ氏が「イスラム教徒は入国禁止云々」という発言が波紋を呼んでいますが、もちろんこれは褒められた言葉ではありませんが、裏を返せばアメリカやヨーロッパ各国はこういった過激主義的なイスラム教徒に手を焼いているという事になるのかもしれませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんか最近多くないか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる