管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS こうなるだろうな、とは思ってたけど。

<<   作成日時 : 2016/03/01 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年、出場機会を求めて福岡ソフトバンクホークスを退団した松中信彦選手ですが、本人が「タイムリミット」と言っていた昨日までにNPBからオファーがなく結局現役を引退することを表明したようですね。

「松中、現役引退を表明「19年間多くの人に支えられ感謝しています」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000108-sph-base
「元ソフトB松中が引退決断「これが僕の野球人生」オファーなく1日会見へ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160229-00000161-spnannex-base

出場機会を求めて退団したものの、結局オファーが来たのは独立リーグ1球団のみで2月になってからはNPBの球団に売り込んだものの、結局返事がもらえず(何球団か見当はしたものの、結局獲得を見送った、という話も聞いたことがあるし)にこういう結果になってしまったそうですが、はっきり言って管理人、こうなるだろうな、とは思っていたんですよね。
というのも42歳という年齢もそうですし、守備や走塁はダメで打つだけ、となると代打要員としてなら使えるかもしれませんが、そうなると1打席1打席で結果を残さなければいけませんしね。それに本人がソフトバンクを退団したそもそもの理由は出場機会を求めてですから、そうなると現役最後の頃のように出場機会もないのに代打要員という事に本人が納得するのか、という事になりますしね。
いや、これはまだ引退宣言をしていない(はずの)中村紀洋選手もそうなんですけれど、あくまでもNPBにこだわるのも分からなくないんですが、本人がそこまで力があるのか、という気もしてくるんですよね。いや「どこでもいいから野球ができるなら」と独立リーグや韓国、台湾に行ったとしてもそこで活躍できるか、というのはわかりませんし、もし活躍できたとしてもまたNPBに戻ることができるのか、という事はまた別問題ではありますが。

まあ、本人だってやることはやったでしょうから、結局こういう結果に終わってしまった、という事には納得がいっていると思いますし、将来は(ソフトバンクに戻ってkるかどうかわかりませんが)指導者として戻ってきてほしいと思っているファンも多いのではないか、と思います。
いずれにせよ19年間お疲れさまでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こうなるだろうな、とは思ってたけど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる