管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS これが世界なのかね

<<   作成日時 : 2016/02/27 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年のワールドカップ・イングランド大会で3勝1敗という成績を収め、2019年にはそのワールドカップが日本で開かれることもあってか、ここ最近の日本ラグビー界は結構盛り上がっているようで、その日本が今年クラブの国際リーグ戦「スーパーラグビー(SR)」に新チーム「サンウルブズ」として参入したことが話題になっていますが、そのサンウルブスのデビュー戦が行われ、南アフリカの「ライオンズ」に26−13で敗れ、黒星スタートとなったようですね。

「サンウルブズ、堀江主将が歴史的トライも…超満員の中で初陣飾れず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160227-00000521-sanspo-spo

管理人調べてみたのですが、SRはもともと南アフリカ・ニュージーランド・オーストラリアの強豪3か国が行っていたリーグ戦で今年から日本とアルゼンチンが加わって行われることになったようですが(つまり「サンウルブズ」はSR唯一の北半球のチーム)、まあでも考えてみればもともとの3か国はいずれもラグビーの強豪国でいずれも優勝経験のある国ですからね。確かに日本代表は昨年のワールドカップで南アフリカに勝っていますけれど、ラグビーというのはサッカーよりもランキング界のチームが上位のチームに勝つことは難しい、という話を聞いたことがありますし、ましてやクラブチームとなると(サッカーなんかもそうですけれど)各国から一流の選手が集まりますからね(実際日本代表のリーチマイケル選手や五郎丸選手は別のクラブに所属しているし)。そうなると余計に実力差というのは開くのではないか、と管理人は思いますが。
それに「サンウルブズ」が所属しているグループは南アフリカに遠征して試合を行うようだし、場合によってはオーストラリアやNZ、アルゼンチンにも行くことがあるようですからね。その遠征も大変だと思いますから、果たして毎試合毎試合最高の状態で試合ができるのかな、という心配もあるのですが。

もちろん管理人だって日本代表のクラブチームなのですから「サンウルブズ」には活躍してほしいと思いますし、2019年のワールドカップに向けて国内が盛り上がっていくためにもやはり重要なのではないか、と思いますし、将来的には「サンウルブズ」にトップレベルの外国人選手が所属するようになってほしいな、とも思いますしね。

これから7月まで数々の試合が繰り広げられると思いますが、果たして世界相手にどこまで通用するか、気になる話ですね。


スーパーラグビー2016 COMPLETE GUIDE (NSK MOOK)
日本スポーツ企画出版社
2016-02-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スーパーラグビー2016 COMPLETE GUIDE (NSK MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これが世界なのかね 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる