管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり日本はやりやすいのだろうか?

<<   作成日時 : 2016/02/26 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2012・13年と巨人で、2014年には楽天で活躍していたジョン・ボウカーという選手がいましたが、そのボウカー選手が―今回は独立リーグのルートインBCリーグの福島ホープスですが―2年ぶりに日本の野球界に復帰することが決まったようですね。

「かつて巨人、楽天で活躍…ボウカーのBCリーグ・福島入団が決定!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160226-00060366-baseballk-base
「元巨人ボウカーがBC福島入り NPB復帰目指す」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160226-00000138-spnannex-base

日本の独立リーグの中でBCリーグと言うと結構元NPBの選手が所属しているイメージがあると思いますが(事実DeNAのラミレス監督も所属していたことがあったし)、NPBに所属していた外国人も例えば昨年だと石川ミリオンスターズでは元ロッテのフリオ・フランコが監督兼任として、そして富山GRNサンダーバーズには元近鉄や巨人のタフィ・ローズがコーチ兼任として所属していましたが、フランコは56歳(!)、ローズですら46歳とはっきり言って選手としてのピークは超えている選手だと思うんですよね。まあ、球団の方も選手として、というより指導者としての活躍に期待して契約をしたのだと思いますが、彼らと比べるとボウカー選手は32歳とそのくらいの年齢だったら、NPBの球団の助っ人としていてもおかしくない年齢なんですよね。

記事によると昨年はアメリカのマイナーリーグに所属していたそうですが、本人としてもメジャー昇格が無理だと思って日本に戻ることを選択したのでしょうか? なんでも今回福島でプレイすることを決めた理由の一つにNPBへの復帰を目指している、というのもあるそうですが、まあ確かに3年間NPBに所属していたのですから、日本の野球事情は知っていると思いますし、シーズンが開幕して助っ人外国人の調子によっては、獲得を考える球団があるかもしれませんが。

まあ、いずれにせよ福島で期待に応える活躍をしなければNPB復帰なんてできるはずがないのですから、まずは一戦一戦で活躍することが必要でしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり日本はやりやすいのだろうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる