管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS いったい何種目やることになるんだろう?

<<   作成日時 : 2016/01/09 20:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年8月に行われる五輪に合わせて開催地のリオデジャネイロで行われるIOC総会で2020年東京五輪の組織委員会から提案されている追加5競技(野球・ソフトボール、空手、スポーツクライミング、サーフィン、ローラースポーツ)について検討され採用されるかどうかが決定しますが、管理人個人的な考えではよほどのことがない限りこの5競技はそのまま採用という事になるのではないか(個人的には「野球・ソフトの復活」と「空手の実施」が東京五輪の目玉だと思っているしね)、と思いますが、そのほかにもIOCがこんなことを検討している、という話があるようで…

「実験的にスカッシュ実施へ=20年東京五輪で公開試合」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160109-00000006-jij-spo

御存じの人もいると思いますが、スカッシュは以前から五輪での競技採用を目指していて、開催地が独自に競技を提案できる、という「アジェンダ2020」が採択されたのち、東京五輪での追加種目で検討された際に上に挙げた5競技の他にボウリング、武道とともに最終選考の8競技に残っていたものの結局落選してしまったわけですが、それを東京五輪で実験的に実施する、という事を検討しているとか。

いや、その「実験的」というのがどういうことなのかよくわかりませんし、記事を見てみると「トッププロによる公開試合」とは書いてありますけど、「順位を決める」とかは書いていないので、以前行っていた(メダル獲得数等には含めない)公開競技ともまた違うのかな、という感じもするのですが(所謂「スポーツ教室」みたいなものになるのだろうか?)、仮に行ったとしたら東京五輪の組織委員会の負担がまた大きくなりはしないか、という気がするのは管理人だけではないと思いますが。

あくまでも「実験的」ということでおそらく会場は新設せずに既存の会場を使うとかして対応すると思いますが、でもここでまた競技を増やすとなったら(すでに決まっている28競技に追加5競技で33競技になるのだし)、いくらなんでも増やし過ぎという事になるのではないか、という気もするんどエスが。

いや、実施するかどうかはこれから検討するだろうし、極端な話公開試合も「男女1〜2試合ずつ、順位は決めない」という事になるかもしれませんが、東京五輪までのあと4年半、いったいどうなるのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いったい何種目やることになるんだろう? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる