管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 10年もなかったとはねえ。

<<   作成日時 : 2016/01/24 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

という事で2016年最初の大相撲初場所の千秋楽が今日行われ、13日目に敗れながらも1敗をキープし、千秋楽も豪栄道に勝った大関琴奨菊が2006年初場所の栃東(現・玉ノ井親方)以来の10年ぶり(しかも10年前も同じ初場所)となる日本人力士の優勝という形で幕を閉じました。

「琴奨菊が初V…日本出身力士の優勝は10年ぶり」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/20160124-OYT1T50052.html

まあそれにしても10年も日本出身の力士が優勝から遠ざかっていたとはねえ。まあ、。最近の相撲界はモンゴル出身の力士が多いし、さらに彼らがどうしても中心になって回っていましたから、毎度のように期待されながらも優勝できなかったですからねなかなか日本人が優勝争いに食い込めなかったし、どうしてもモンゴル勢をはじめとした外国人力士との実力差がありましたからね。
いや、管理人は個人的に白鵬は以前と比べると力は落ちてきていると思いますし、他の二人の横綱、つまり日馬富士と鶴竜も実力的には白鵬のレベルではないと思いますので、今年は日本出身力士も十分に」優勝争いに加われるのではないか、と思いますし、やはり国技と言われている以上、日本人力士がもっと相撲を盛り上げなければいけないのではないか、と思うのですが。
次に行われる3月の春場所(大阪)は「荒れる春場所」と言われていますから、今回のように優勝争いを面白くするような力士(特に大関陣)が出てきてほしい、と思いますが。

で、ちょっと最後に気になったことを。
いや、今場所は安美錦など3力士がインフルエンザで休場したし(他にも行司や審判も休場したらしいし)、他にもケガ人が結構多くて人気力士の遠藤が休場して次の場所は十両陥落が確定的と言われているようですからね。まあ、インフルエンザに関しては春場所の頃には流行も収まっていると思いますが、怪我だけはどうしようもありませんからね。負傷している力士はしっかりとけがを治して春場所に臨んでほしいですし、特に(おそらく春場所は十両となるであろう)遠藤はもう一度幕内に戻れるように稽古に励んでほしいと思います。やはり休場者が多いと見ていて面白くありませんしね。


大相撲力士名鑑〈平成28年度〉
ベースボールマガジン社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大相撲力士名鑑〈平成28年度〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10年もなかったとはねえ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる