管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんでこういう事をするんだろう?

<<   作成日時 : 2016/01/16 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カレーショップ「CoCo壱番屋」を展開している壱番屋がビーフカツの廃棄処分を依頼した会社がそのビーフカツを横流しした、という事が問題になっているようですが、調べてみるといろいろと明らかになっているようですね。

「壱番屋製品以外も横流しか=転売仲介業者が大量保管―焼き鳥など200箱・岐阜県」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000224-jij-soci
「産廃業者の横流し、ビーフカツ以外も見つかる 壱番屋が廃棄委託品リストを公開、注意呼び掛け」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000068-zdn_mkt-bus_all

そもそものことの発端は、と言えば昨年9月に工場で生産したカツに異物が混入している可能性がある、という事で4万枚以上を廃棄処分にした、という事なのですが、もちろん過去にもこういった異物混入の可能性がある、という例は不二家とかペヤング(まるか食品)の例もあることですし、もちろんこういったことはあってはならないことですから壱番屋のとった方法はもちろん妥当なのですが、それをなんでまたその廃棄業者は横流しをしようと思ったのでしょうかね?
もしかしたら4万枚という大量の数を目の前にして全部廃棄するのはもったいないとでも思ったのか、あるいは4万枚もあるからどうせ異物が混入されているのなんでごくわずからだから横流ししてもばれない、とでも思ったのかどうか知りませんが、もし仮にその中に異物が混入してあるカツが見つかったとしたらどうするつもりだったのでしょうかね? 壱番屋からしてみれば「廃棄依頼をしたのにどういうことだ」という事になりますし、我々消費者から見れば「いったいなんでこんなものを売るんだ」という事になりますし、下手したらこれは壱番屋にまで今回の騒動の影響が出てくるのではないでしょうか?(あるいはもうすでに影響が起きているかもしれないが)。上に上げた不二家だってペヤングだって事件発覚からしばらくの間自社の食品を販売することができずに大損害を受けたことを考えると壱番屋だって同じことが起こる可能性は十分にあることですしね。

食品というのは人の口に入る以上細心の注意をもって扱うべきものだと思いますし、確かに大量に廃棄する食品を勿体ない、と思う気持ちもあるかもしれませんが、やはり消費者にモノを提供する立場、というものも考えるとこういったことはしないでほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんでこういう事をするんだろう? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる