管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局何が原因なんだろうか?

<<   作成日時 : 2016/01/15 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年はエルニーニョ現象(まあ、ピークは越えたらしいが)の影響か雪が少なく(確かに正月3が日は暖かかったし)、スキー場はどこも商売あがったりという話を聞きますが、それでもスキーができる場所を求めてスキーに出かける客というのはいるようですが、そんな中長野県でこんな事故が起きたようですね。

「スキーバス事故、死亡14人に…27人が重軽傷」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160115-OYT1T50087.html
「健康管理に問題、バス会社を2日前に国交省処分」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160115-OYT1T50113.html
「転落バス、行程表とは異なるルート…時間調整か」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160115-OYT1T50107.html

管理人が最初にこの事故を知ったとき路面が凍結していてバスがスリップでもしたか、あるいは急カーブでハンドルを切りそこなったのかと思っていたのですが、報道によると事故が起きた当時は雨も雪も降っておらず(確かに現場写真は雨も雪も見当たらない)、さらに緩やかなカーブだったという事でそれじゃ何が原因なんだ、という気がしてんですよね。となると断定はできかねますが運転手に何かがあった、という事になると思うのですが、今回事故を起こした会社は実は乗務員の健康管理を怠っていた、という事で2日前に国交省から運行停止処分を受けていたというし、さらに事故が起きたとき、工程表とは異なるルートを走っていた、という話ですからね。管理人から言わせればどちらもちょっと信じられないことなのですが、確かこういった長距離バスで運転手が何らかの形で突然体に変調をきたし、事故を起こした、なんて例は過去にもあったのですから、そういった事故を防ぐためにもどこの会社も健康管理をしているのではないか、と思っていたのですがまだやっていないところもあるのに驚いたし、それにたとえば高速道路で事故が起こったためコースを迂回した、というのならまだしもそういったこともないのに工程表とは別ルートをたどったというのも信じられないのですが。

まあ、これから事故に関しては警察や国交省の調査に任せたいと思いますが、なんで30年ぶりともいわれる大事故が起こったのか原因をはっきりとさせてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結局何が原因なんだろうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる