管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 何でこういうことが起こるんだろうか?

<<   作成日時 : 2015/12/08 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近出版不況が叫ばれている中、あれこれと雑誌の方も知恵を絞っているようで、最近も先週発売された「週刊少年サンデー」にパズドラ(念のため言っておくとスマホゲームの方で、3DSの「パズドラZ」や「マリオエディション」ではない)のコードが掲載されている、ということで買い占め騒動が起こり(この件に関してはいろいろと言いたいことがあるけれど、今回はなし、という事で)、事態を重く見た小学館が本誌を買えなかった読者のために1週間ネットで無料公開することを決めたそうですが、こういった問題があるかと思えば、もう一方でこんな問題もあったようで…

「懸賞付きパズルの当選水増し、出版社に措置命令」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151208-OYT1T50165.html

いや、いつだったか秋田書店が同じように雑誌の懸賞で当選者水増しをやっていて消費者庁から措置命令が出た、という事があったのを管理人思いだしたし、調べてみると竹書房が今年の3月に同じように当選者水増しをやっていたんですね。いや、今回のそれは竹書房がやったのが発覚してから他の出版社を調べてみたらこのアイアという会社もやっていた、というのがわかったのか、あるいはまったく関係なく発覚したのか、というのはわかりませんが、それにしてもなんでまたこういう事が、しかも複数の出版社で起こるんでしょうかね?

いや、最初にも書きましたが今は確かに出版不況と言われていて出版社がある日突然倒産してしまった、という事は珍しくないご時世に昔ほど予算が用意されている、というわけでもないでしょうし、懸賞の賞品に必要な分がそろえられない、という事態も起こるかもしれませんが、だからと言って水増しをしていい、というわけではないでしょうに。それでも秋田書店や竹書房の場合は「当選者3名と表示しているのに対して実際は1名」と言った形でしたが、管理人が消費者庁のHPで見たところ、今回のアイアの場合は「実際は0」ってのがかなりあるんですよ。これじゃ何のための懸賞なのか、単に個人情報を集めるのが目的だったのではないか、と思われても仕方がないような気がするのですが。

今はどうだか知りませんが管理人が小学生の時は小学館の学習雑誌なんかに懸賞が掲載されていて「当たるといいな」と思いながらハガキを送ったものですが、子供に限らず、こういった読者を裏切るようなことだけは避けてほしいと思います、

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何でこういうことが起こるんだろうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる