管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 有終の美を飾れたようで。

<<   作成日時 : 2015/12/27 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月のサッカーというと30日に開幕する高校サッカーと来年元日に決勝戦が行われる天皇杯がどうしても話題の中心になりますが、女子サッカーでも「皇后杯」というのがあり、長年日本代表「なでしこジャパン」を引っ張ってきた澤穂希選手がこの大会を最後に引退することで俄然注目を浴びることになったようで(苦笑)、今日その澤選手が所属するINAC神戸が決勝戦に臨み、2大会ぶり5度優勝を果たしたそうですね。

「澤穂希が決勝点、INAC神戸優勝…皇后杯」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/nadeshiko/20151227-OYT1T50041.html
「澤穂希が自らの決勝ゴールで有終の美飾る…神戸、2年ぶり5度目の皇后杯制覇」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00383380-soccerk-socc

実はこの大会今年で37回目、ということは1979年からやっている伝統的な大会なんですね(汗)。まあ、2011年に女子ワールドカップで日本が優勝するまでは女子サッカーというのはあまり注目されていなかったし、まあ、こういってはなんですが、澤選手がこれを最後に引退、という事にならなかったら今回もこれほど話題とはならなかったのではないか(等々力に2万人を超える観客が集まったというし)、という気もしますが、まあそれはそうと決勝スコアが1−0でしかも自分のゴールが結局優勝を決める決勝点となったのですから見事な有終の美を飾ることができたのと同様、まだまだ現役でもできるのではないか、という気もしますが(実際佐々木監督が来年のリオ五輪でも戦力として考えていたようだし)、まあ本人が決めたことですから、こういった形で引退の花道を飾ることができたのはよかったのかもしれませんね。

で、澤選手の今後も例えば指導者となるのか、と言ったことも気になりますが、女子サッカー界はこれからももっとっ努力しなければいけないでしょうね。
上にも書きましたが澤選手の最後の試合、という事で2万人を超える観客が集まったようなものですから、これを一過性のものにしないためにも(そうでなくとも2020年には東京五輪が控えているんだし)、普段から大勢の観客に集まってもらうようにしなければいけないと思いますし、澤選手も自分が引退した後のことを心配させないでほしい、と思っているでしょうから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
有終の美を飾れたようで。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる