管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS どこが問題だったんだろう?

<<   作成日時 : 2015/12/18 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シアトル・マリナーズから日本円にして約19億円の1年契約を提示されていたものの、これを蹴ってFAとなった岩隈久志投手が3年契約の総額55億円でロサンゼルス・ドジャースとの合意に達した、というニュースが10日ばかり前にありましたが、今日になってそのドジャースとの契約がご破算となってしまい、結局再びマリナーズと1年契約を結ぶことになったようですね。

「岩隈、合意一転ドジャースと破談…身体検査で交渉まとまらず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-00000072-spnannex-base
「【MLB】岩隈、ドジャースとの再交渉を待たず。急転直下の古巣マリナーズ入り」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151218-00010003-baseballc-base

なんでもメディカルチェックがパスできずに結局この契約は破談となってしまったようですが、確かに今年前半は故障者リストに入っていたものの、シーズン後半では日本人投手として2人目のノーヒッターになったことからも分かる通り別に異常はないような気がしますし、3年契約だったら極端な話最初の1年くらい不調でもいいのではないか、という気がするのですが、それは日本人の感覚であってメジャーリーグというのが獲得したら結果を真っ先に求めるシビアなところ、という事になるのでしょうか? いや、これまで岩隈投手は近鉄→楽天→マリナーズとDH制採用の球団を渡り歩いてきましたから、DH制がないドジャースでどれだけ活躍できるか、興味もあったんですがねえ。
まあ結局元のところに戻った話kですが、こうとわかっていれば最初からマリナーズの提示した条件で契約しておけばよかったかどうか岩隈投手が考えているのかどうかはわかりませんが、来シーズンは青木選手がチームメイトとなりますから、果たしてこの日本人選手二人がどれだけ活躍することができるか気になりますね。

そして一方のドジャースですが、結局今回の場合はドジャースが契約を断念したようなものですから、果たして今回の結果がよかったのかどうかわかりませんが、なんでもMLB挑戦を表明した前田健太選手の獲得に乗り出す、との報道もあるようですし、果たして今回の結果が良かったのか悪かったのか(そしてマエケンが岩隈投手の代わりとなるような活躍ができるか)、来年のドジャース、そしてマリナーズがどういった戦いをすることになるのか、今から注目していきたいですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこが問題だったんだろう? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる