管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たしてどちらが選ばれるか?

<<   作成日時 : 2015/12/14 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

という事で一時は決定していながら工期と建設費がかかりすぎるという事で白紙撤回された2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設について新たに出された2つのグループからの技術絵提案書が公表されたそうですが…

「新国立2案公表、1500億円弱=月内に選定―JSC」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00000067-jij-pol
「新国立競技場、業者提案のデザインなど2案公表」
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20151214-OYT1T50047.html

今回の場合は前回と違って「総工費が1500億円以下であること」と「IOCが求める(大会半年前の)2020年1月までに完成させる(=つまり諸手続きが終わり2016年12月に建設が始まるとして建設期間がどんなに長くても実質3年)こと」という二つの条件をクリアしなければいけないのですが、両方とも完成は2019年11月予定(つまりもしかしたら2020年元日の天皇杯決勝や高校サッカーには間に合うかもしれない時期)で総工費はA案と言われている方(今回はデザイナーや請負業者は伏せてある)が1490億円、もう片方のB案と言われている方が1497億円とクリアしているので問題はないと思いますが、果たしてどっちが選ばれるのでしょうかね?

今回の案はどっちとも木の特徴を生かしている、という事になるのですが、個人的にはB案の方は面白い形をしているのでできたら面白いのではないか、と思うのですが、こんな形で実際にできるのかいな? と思うのも事実ですし(まあ、できると踏んだからこういう提案書を出したと思うのだが)、A案の方は無難と言えば無難なデザインだし、実際作ったらこっちの方が作りやすいのではないか、と思いますが、パッと見ではなんか日産スタジアム(横浜国際総合競技場)に似ている気がしてあまりオリジナリティがないな、という感じがするんですよね。

今月中にどっちの案を採用するかが決められるそうだし、五輪・パラリンピック終了後に神宮球場や秩父宮ラグビー場の建て替えも決まっているそうですから、本当に世界に誇れる競技場にしてほしいし、(エンブレム問題を含めて)これからがリスタートのつもりであと4年半準備を進めていってほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たしてどちらが選ばれるか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる