管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 気持ちの持ちようによって違うのかね?

<<   作成日時 : 2015/12/13 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ウィンタースポーツシーズン真っ盛りですが、その中でも日本人が真っ先に注目するであろう競技はなんといってもフィギュアスケートだと思うのですが、そのフィギュア界で日本を引っ張ってきたであろう男子の羽生結弦選手と女子の浅田真央選手がこんな対照的な結果を出したようですね。

「羽生 また世界記録更新330点超!男子初GPファイナル3連覇」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151213-00000007-spnannex-spo
「真央GPファイナル初の最下位「やらなきゃというのが強すぎるのかも」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151212-00000125-spnannex-spo

まあ、スポーツというのはどのスポーツにもピークというのがあって、今羽生選手は20歳だからおそらく選手としてはちょうどピークに差し掛かっていることだろうし、ぎゃ国浅田真央選手は25歳という事ですから10代後半から20代前半がおそらくピークであろうフィギュア界にとってははっきり言って選手として下り坂にかかっているのではないか、と思うのですが、それにしてもわずか5歳しか年齢が違うというのに(もちろん男女の違いはあれど。女子なんかそれこそ20歳かそこらがおそらくピークのはず)この違いは何なのでしょうかね?

いや、羽生選手の場合はこれからも日本のフィギュア界を引っ張っていかなければならないし、おそらく2年ちょっと後の平昌五輪を目指しているでしょうからおそらくモチベーションも高いのではない、あという気がするのですが、浅田真央選手の場合は若い選手も出てきていますし、やはり以前と違って(少なくともフィギュアの選手としては)力が落ちていると思いますから、そちらの方でも焦りみたいのなのが出ている、という事になるのでしょうか? それに年齢を考えるとちょっと平昌五輪も厳しいのでないか、という気もしますし…

もちろん一度は日本女子フィギュア界をリードしていった選手ですし、自分でもこのままでは終われない、という事で現役を続けているのではないか、と思いますが、今回の結果で反省点というのもわかたっと思いますから、これから自分はどの点を修正していけばいいのか、そしてまだまだ(こういう言い方は変かもしれないが)若い選手には負けない、というところを見せてほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気持ちの持ちようによって違うのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる