管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんでこんな状態でやったんだ?

<<   作成日時 : 2015/11/04 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先月シカゴで行われたタイトルマッチで判定負けを喫した亀田三兄弟の長男・興毅がそのままボクシング界からの引退を表明したばかりですが、今度は次男の亀田大毅が引退を表明したようですね。

「【BOX】亀田3兄弟の次男・大毅が引退 左目網膜剥離のため」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151104-00000036-sph-fight
「重傷だった大毅の網膜剥離 手術で完治も左目視力は0・1」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151104-00000012-spnannex-fight

兄貴が3階級制覇して、自分は2階級制覇という記録は残しているものの(まあ、これは親父の史郎氏に原因があるのかもしれないが)タイトルマッチで反則行為を繰り返し、1年間出場停止を食らったり、王座統一戦のルールの不徹底により、結局日本で試合ができなくなる原因を作ってしまったり、といろいろと波乱の多いボクシング人生だったようですが、それにしても管理人が驚いたのは網膜剥離の手術をして成功はしたものの視力が0.1まで落ちたのにもかかわらず(敗れはしたけれど)、試合を行っていた、ということで。

ボクサーをやっていて網膜剥離、というと辰吉丈一郎氏を思い浮かべますが、あの辰吉氏だって現役にこだわりつつも(息子がプロボクサーとしてデビューしたからかもしれないが)最近はほとんど試合をしていないし、左目の視力が0.1ということは対戦相手が自分から見て左側に回ったらよく見えないと思うのですがねえ。それでよく試合をしたな、という気もしますが。まあ、本人も納得ずくの上でリングに上がったのだと思いますし、もしかしたら敗れた9月の試合を本人もこれが引退試合、と思っていたのかもしれませんが。

まさか亀田三兄弟のうち二人が続けて引退するとは管理人も思っていませんでしたが(苦笑)、まだ和毅(ともき)という三男坊が現役ですし(そういえば結婚したとかいうけどもうそんな歳か、と思ったらもう24歳なんだな)、これからどうするのかわかりませんし、はっきり言って今の時点では日本ボクシング界に復帰は無理かもしれませんが、いずれにせよ亀田三兄弟といういろいろとボクシング界でお騒がせだった選手が立て続けに引退をいた、という事はいろいろな意味で一つの時代の終わりを告げることかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんでこんな状態でやったんだ? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる