管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 休場明けでよくやったとは思うが。

<<   作成日時 : 2015/11/23 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

という事で昨日描く予定だった大相撲の九州場所について今日は書こうかと思いますが、一年の納めとなった大相撲九州場所は12日目まで全勝だった横綱白鵬がこのまま優勝かと思いきや、13日目から日馬富士、照ノ富士、鶴竜に3連敗し、結局日馬富士が千秋楽に稀勢の里に敗れたものの、1敗差で敗れた白鵬も破れてしまい、結局13勝2敗で逆転優勝をする、という結果になったわけですが。

「心も体もホッとしている…2年ぶりVの日馬富士」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/20151123-OYT1T50080.html
「耐え忍んだ日馬富士「一生懸命やれば報われる」…Vから一夜明け喜びかみ締める」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151123-00000041-dal-spo

2場所連続で休場(先場所は白鵬まで休場していたが)した後の優勝という結果は本人にとっても安心しているかもしれませんし、やはり横綱である以上2場所連続で休場してでもしっかりと体を治してから出場する(もしかしたらまだ本調子ではないかもしれないが)、という気持ちで今場所に臨んだのかもしれませんからね。とはいえ今場所も結構ケガ人が多かったな、というのもまた管理人の感想なんですよね。というのも9月場所で負傷した照ノ富士は結局今場所強行出場して何とか9勝6敗という成績を収めたものの、足の状態は必ずしも万全と言えませんからそれこそ初場所で状態がどうなるかわかりませんし、琴奨菊と大砂嵐は結局千秋楽休場でしたからね。こう毎場所誰かが休場しているようだと相撲界も盛り上がりに欠けるのではないか、と思いますが。

盛り上がりに欠ける、と言えば今場所も優勝は白鵬3回、照ノ富士・鶴竜・日馬富士、と結局今年も日本人力士の優勝がありませんでしたからね。確かに一時と比べると白鵬独り勝ち、という事ではなくなってきているとは思いますが、でもそれを追っているのが外国人力士で、結局日本人力士が千秋楽まで優勝争いに絡めないという状況はいつまで続くのか、という気もしてきますが。確かの今場所は嘉風が場所を盛り上げたと思いますが、33歳という年齢も考えるとこれから先も場所を盛り上げることができるか、というちょっと不確定要素が多いですよね。

いずれにせよ初場所は今回以上に日本人力士に奮闘してもらって3横綱がそう簡単に優勝できそうもないようなことになってほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
休場明けでよくやったとは思うが。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる