管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS こっちも復活しないかな。

<<   作成日時 : 2015/10/09 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年、生誕60周年記念という事で1998年以来16年ぶりにアメリカで制作され、来年夏には庵野秀明・樋口真嗣の「エヴァ」コンビによる最新作が公開される予定の「ゴジラ」ですけれど、その「ゴジラ」と並ぶ人気怪獣映画シリーズと言えば大映(現在の角川映画)が制作した「ガメラ」シリーズがあると思いますが、そのガメラにこんな映像が作られていたようですね。

「『ガメラ』50周年プロジェクト、新作映像公開 宮藤官九郎がギャオスの餌食に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00039311-crankinn-ent
「<宮藤官九郎>怪獣ギャオスに食べられる役で出演 ガメラ新映像が米で公開」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00000026-mantan-ent

管理人この記事を読んで「ああ、そういえばガメラも今年で誕生して50年になるのか」という事に気が付きまして。確か公開時に話題となった金子修介監督の「ガメラ 大怪獣空中決戦」が公開されたのが1995年の3月であの時は「ガメラ生誕30周年記念」と銘打ってましたから、それから20年も経っているのか、と思いまして。
今回制作されたのは新作映画というよりも映像という事なので管理人の考えだとおそらく数分間のショートフィルムになるのかな、と思うのですが、確か最新作である「小さき勇者たち ガメラ」が公開されたのが2006年ですから、あれからも10年経っていますし、これをきっかけにして新作映画としてガメラも復活しないかな、と思っている特撮ファンも多いのではないか、と思いますね。

とはいえ実際問題として、「小さき勇者たち」は確か制作費15億に対して配収が5億いかなかった、という大赤字でしたからね。いや、もちろん今の世の中で怪獣映画がヒットするか否かというのはわかりませんし(庵野・樋口コンビの「シン・ゴジラ」が公開されないと何とも言えない部分もあるが)、日本のゴジラもガメラも最後の映画公開から10年以上たっている今ではどうやってメインターゲットであろう子供たちに怪獣映画を魅力的にアピールすることができるのか、と思いますが。

KADOKAWAグループも今後の展開をいろいろと考えているようですが、この展開が新作公開の原動力になってほしいな、と管理人は思いますが。


平成ガメラ Blu-ray BOX
角川エンタテインメント
2009-08-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平成ガメラ Blu-ray BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こっちも復活しないかな。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる