管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS これだから持ちたいのかね?

<<   作成日時 : 2015/10/25 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少し前だったか高須クリニックの高須院長が「競走馬の命名をしようと思ったら、審査を通らなかった」→「実は知人が最初からそういった話をしていなかった」という事がわかってその高須院長が激怒した、と言ったことがありましたが、なんか芸能人とか有名人というのは競走馬を持っている(持ちたがる)人が多いようで、今日行われた競馬のG1の菊花賞で北島三郎が馬主を務めている馬が優勝したそうですね。

「【菊花賞】サブちゃん悲願の初G1、キタサンブラック優勝」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00000101-sph-horse
「【菊花賞】「まつり」歌った!サブちゃん有言実行、キタサンブラック優勝」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00000109-sph-horse

なんかこの馬はこれまで7戦5勝で重賞(競馬にはG1〜G3まで3種類の重賞がある)3勝している、という話ですからおそらく実力はあると思うのですが(18頭出走で5番人気だったらしいし。まあ、サブちゃんが馬主ということで勝った人もいたかもしれないが)、競馬というのはいくら馬が早くても調教のミスや当日の騎手との相性というのもありますからね。文字通り人馬一体となってレースをしなければ勝てるレースも勝てないわけですが。そういった意味では今日の騎乗はぴったりと息が合っていたのかもしれませんね。

それにしても最初にも書きましたが、有名人が結構馬主になっている割にはあまりその馬が競馬界で活躍した、という話を聞かないのはどうしてでしょうかね?
(競馬に関しては「ダビスタ」なんかのゲームでしか知識がないので申し訳ないが)競馬は「ブラッドスポーツ」と呼ばれていくくらい血統がモノをいうそうですが、とはいえいくら血統がよくっても肝心の馬がまるで駄馬だった、という事だってあるわけですしね。記事によるとサブちゃんは馬主生活が50年以上とかいう話ですが、その50年でようやくG1を制した馬が出てきた、という事は考えようによってはG1馬を手に入れる、というのは宝くじで1等に当たるのと同じくらい難しいのかもしれませんね。

これからこの馬が活躍するのかどうかわかりませんが、自分の馬がいつかG1を制すようになってほしい、と思っている有名人も多いのではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これだから持ちたいのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる