管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 何らかの処分が必要な気も

<<   作成日時 : 2015/10/20 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の9月12日の阪神・広島戦で、広島の選手が打ったホームランが2塁打と判定されて結局引き分けに終わってしまい、これがのちに「誤審」と判定され、結局阪神が3位となってクライマックスシリーズ出場、広島は4位となってCS出場を逃す、という事がありましたが「あれがちゃんとホームランと判定されていれば広島がCS出場していたのに」と今でも思っている人もいるのではないか、という気がしますが(管理人もあとでブログで「誤審を認めたんだから「引き分け」→「広島の勝ち」に訂正してもいいのでは?」と言ったことを書いた覚えがあるが)、なんでこんなことをくどくどと書くか、というとラグビーワールドカップ準々決勝のオーストラリア対スコットランドの準々決勝で結果的に誤審があった、という事が話題となっているからで。

「ワールドラグビー、W杯準々決勝豪戦の誤審を認める」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151020-00000002-jij_afp-spo

管理人が「阪神・広島戦を思い出した」というのがわかると思いますが、まあ確かに野球と違ってラグビーというのは両軍合わせて30人の人間が80分間走り回り、しかもサッカーと違ってスクラムを組んだりで密集していることが多いですから判定そのものが難しいという部分もあると思いますが、ただあとになってこういった誤審があり、それが試合結果を左右するものであったとしたら、やはりファンとしては納得がいかない部分が多いのではないか、という気もするんですが。
まあ、試合が終わってしまい、いったんは「オーストラリアの勝ち」という裁定が下った以上、試合結果を変えることはありえないことだと思うのですが、少なくともワールドラグビーは今回誤審をした審判を(残り試合も数少ないですが)大会期間中出場停止、とか、誤審をしたペナルティとして罰金を取るといった処分を下すべきなのではないか、と思うのは管理人だけでしょうか? もちろん審判に処分を下すだけではなく、今後こう言った誤審が起こらないように対策を考えるべきではないか、と思いますが。

日本代表が3勝しながら決勝トーナメントに出られなかったことでなんか若干ラグビーそのものが話題になることが少なくなった気もしますが、なんでも南半球(南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン。アルゼンチン以外は優勝経験あり)ばかりがベスト4に残ったのは初めて、とかいう話なので果たして優勝はどこになるのか、もう少し興味は続きそうな気がします。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何らかの処分が必要な気も 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる