管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS まあお疲れさん。

<<   作成日時 : 2015/10/17 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本でのライセンスが失効している関係でアメリカ・シカゴで日本人同士のタイトルマッチが行われる、という異例の事態となったWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチが日本時間の今日行われ、王者の河野公平選手が4階級制覇を狙った亀田興毅選手に3−0の判定で勝利し、2度目の防衛に成功し、試合後興毅選手が引退を表明する、という事となりました。

「<ボクシング速報>河野が亀田に壮絶判定勝利!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151017-00000001-wordleafs-fight&p=1
「【BOX】引退宣言の興毅「何の悔いも残っていない」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151017-00000080-sph-fight

実は管理人先ほどまで放送されていたテレビ中継を見ていたのですが、随分とアメリカ人のレフェリー(ボクシングでは公平を期すため、レフェリーとジャッジは第三国から選出)が厳しかったな、という印象があったんですよね。家というのも結構両者の間に入って分けているし、ましてや亀田興毅にダウンはとにかく2ポイントの減点というのは日本では考えられませんからね(もっとも河野選手にも1ポイントの減点があったが)。結局それが最後まで挽回できずに敗戦につながったのかな、と思いますが、それにしてもタイトル戦の前日に「100%勝つ」とかなんとか言っていたあのビッグマウスぶりは何だったのか、という気もしますがねえ。

まあ、日本でのライセンスが失効して日本では試合ができないという事で活躍の場をアメリカに求めていろいろと苦労はしたとは思いますが、結局それでボクシングにかける時間が短くなってしまって思ったようなボクシングができなかったのはないか、と思いますが。それに3階級制覇した、と言ってもそれほど世間の評価が高いか、と言われてば「対戦相手が弱かったから」なんて言われているほど、決してその評価が高い、とは言えませんし、ましてや日本でのライセンスが失効している、という事は日本でのボクシング関係の仕事をすることはできないし、タレントに転向する、としても例えば具志堅用高氏(念のため言っておきますけど、この人連続防衛回数の日本記録保持者です)のようにキャラクターが面白い、というわけでもありませんからね。

まあ、これからどういう道に進むかわかりませんが管理人個人的にはこれだけ引退を惜しまれなかった世界チャンピオンもいないと思いますが(苦笑)、とりあえずお疲れさん、と言いたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まあお疲れさん。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる