管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんでそんなことをしたんだろう?

<<   作成日時 : 2015/09/08 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

試験問題の漏えいというと例えば大学入試の問題が漏えいした、だの(これはちょっと漏えいとは違うが)かつて入試問題だか何かをYahoo!知恵袋に質問しただのと言ったことが問題になりましたが(まあ、スマホで気軽にネットに接続できることになった時代の弊害かもしれないが)、明治大学の大学院でこんな問題が起こったようですね。

「作成担当の教授、司法試験問題を教え子に漏らす」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150907-OYT1T50119.html
「明大、学長名でお詫び「制度揺るがしかねない」」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150908-OYT1T50109.html

確か裁判官及び検察官、あるいは弁護士になろうとするものは司法試験を受けて合格しなければならない、という事は管理人も知っていますし、その司法試験自体がかなり難しくて合格率もかなり低いと聞きますけど、調べてみると昨年の合格率は23%弱、という事は4人に1人以下の合格率ですから、たしかに何回も受ける人物がたくさん出てきますね(ちなみに司法試験も受けたことがあり、法律漫談というジャンルで人気を博していて「ミスター梅介」という芸人がいたんだがこれも調べてみると今だに現役の芸人だったんだな。驚いた)。

でまあちょっと話が脱線しかけたので元に戻しますが、確かに自分の教え子には司法試験で合格してほしい、と思うのは誰でも当然だとは思うのですが、かといって問題を漏えいしてしまったら、いくらなんでもこれはアンフェアでしょう。
ましてや今回の問題を起こした教授というのは問題作成にかかわっているんですからね。これまでまじめに法律を勉強してきた人はどうなるんだ、という気もしますし、もし管理人の身に何かあって裁判を受ける、なんてことになったらこんな不正な方法で合格した裁判官の裁判やあるいは弁護士の弁護は受けたくはないな、という気がしますが。
いずれにせよ試験というのは公平であるべきものだと思います。

ちなみに今年は国勢調査がありますが、国勢調査の調査員に選ばれた人も(国がかかわっていることもあってか)守秘義務があるそうで、「自分が調査員だ」という事も言ってはいけないそうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんでそんなことをしたんだろう? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる