管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 大波乱の場所だったけれど。

<<   作成日時 : 2015/09/27 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで本日、大相撲秋場所の千秋楽が行われ、本割で大関照ノ富士が横綱鶴竜に勝って優勝決定戦にもつれ込みましたが、その決定戦で今度は鶴竜が照ノ富士を返り討ちにし、結局鶴竜が9場所ぶり、横綱になっては初めてという優勝で幕を閉じました。

「鶴竜が9場所ぶり優勝…決定戦で照ノ富士下す」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/20150927-OYT1T50043.html

なんか今場所の印象としては「波乱が多かったな」ということと「ケガ人が多かったな」と言う事でして。
何しろ場所前から横綱日馬富士が休場、3日目からは白鵬も休場、そして高安も休場でしたし、13日目には1敗でトップを走っていた照ノ富士が稀勢の里との取り組みで足を負傷し、靭帯損傷で全治1か月の負傷をして、親方が休場を進めたのに結局強行出場ですからね。まあ、それでも決定戦にまで持ち込んだのは良しとしなければなりませんが、もしかしたら回復が長引いて九州場所の出場が危ぶまれる可能性だってあったわけだし、今後の回復具合ではその可能性も十分にあるわけですからね。
それもあって管理人の「波乱が多かったな」という感想につながるのだと思いますが、それでも最後に一度は手放しかけた賜杯を手に入れることができたのですから、最後は「一人横綱」となった鶴竜の意地があったのかもしれませんが。

という事で次回は2015年最後の場所となる九州場所となるわけですが、もちろん鶴竜が連覇できるのか、あるいはほかの力士が優勝することになるのか、と言ったことも気になりますし、白鵬や高安、あるいは照ノ富士がどれだけ回復できるか、という事も気になりますよね。
まあ、今場所でケガ人が多かったのはそれだけ一番一番が激しかったという事もあるでしょうが、それでもやはり横綱が2人いないというのもなんだか寂しい感じがするのも事実ですからね。
「無事是名馬」という言葉がありますが、やはり3横綱を負う大関や他の力士たちが追って彼らを乗り越えて優勝する、といった場面を期待しているファンも多いと思いますし、今回休場した力士たちはしっかりと体を治して九州場所に万全の状態で臨んでほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大波乱の場所だったけれど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる