管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんだか最近多い気が。

<<   作成日時 : 2015/08/12 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今月の22日から2年に1度の世界陸上が中国の北京で開催されますが、今年の大会は来年のリオ五輪に向けての前哨戦、という位置づけになると思われます。で、その世界陸上を前に陸上界でこんな問題が起こったようですね。

「陸上=新技術で過去の検体から陽性反応、国際陸連が28選手処分へ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00000042-reut-spo
「世界陸上出場の28選手、新たにドーピング陽性」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20150812-OYT1T50029.html

今回の問題は2005年のヘルシンキ大会と2007年の大阪大会に出場した28人の選手の中からドーピングの陽性反応が出た、という事で、北京で開催される大会にはその28選手は出場しない、という話なんですが、確かこの間は持久系種目(マラソンなど)の146個のメダルにドーピングの疑いがあるという結果が出た、という報道がありましたが、ここにきてこれだけのドーピングの疑いがある選手が出てくる、というのはどういうことなのでしょうかね?

確かに陸上界とドーピングというのは昔から切っても切れない関係で古くはベン・ジョンソンや馬軍団なんてのもありましたし、アテネ五輪のハンマー投げで室伏広治選手が金メダルを獲得したのだって、確か優勝者がドーピングで失格となっての繰り上げ優勝でしたからね。まあ、それこそ10年前と今ではドーピングの技術というのもあるいはそれを検出する技術というのも進化が進んでいて、10年前はドーピングかどうか判断できなかったことが今では判断できるようになったこともあるのかもしれませんが、とはいえ世界陸上直前でこういった結果が判明する、というのはどういう意図があったのか管理人はよくわかりませんが。もしかしたら世界陸上や来年のリオ五輪を控えた今になって発表することで世界各国にドーピングをしないよう警告するために発表した、という事になるのでしょうか?

もちろん管理人だってドーピングには反対ですし、やはりこういった世界中が注目する大会ではクリーンになってほしいと思いますが。


うっかりドーピング防止マニュアル
リバネス出版
遠藤 敦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by うっかりドーピング防止マニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんだか最近多い気が。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる