管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 十分承知の上なんだけれど…

<<   作成日時 : 2015/07/08 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いつぞやかMLBの試合で折れたバットが直撃して一時生死の境をさまよた女性のことが日本でも話題になりましたが、今度は同じMLBでこんなことが起こったようですね。

「ファウルボールがファン直撃で病院搬送「ネットがあればと思う」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150708-00000119-spnannex-base

最近はプロ野球の試合なんかを見てみると(特に現地で見た人はわかると思いますが)、「打球の行方にはくれぐれもご注意ください」というアナウンスがありますが、あれはNPBでファウルボールを巡っての裁判があったこともあるでしょうが、最近は「エキサイトシート」(一塁側三塁側スタンドからはみ出したように置いてある席)なんてものを設置してある球場も多いですから打球が当たる確率も高くなっていますからね。確か東京ドームや横浜スタジアムではエキサイトシートで観戦する際には安全のためにヘルメット着用を義務付けていると思いましたが、、それでもライナー性のボールはフライより早く飛んできますからね。ファンも十分承知で観戦していると思うのですが、それでもこういった事態が起こってしまうんですね。

確か日本の場合だと観客の安全を考えて(特に地方球場では)内野席にネットやフェンスが張ってある球場もまだまだ多いと思いますが、アメリカの場合はそういった球場が少ないという話を聞きますからね。他にも日本だと外野スタンドのフェンスが(特にドーム球場は)4〜5Mという高さが普通ですがアメリカだと3Mないのが普通(もちろフェンウェイ・パークの「グリーンモンスター」のように11Mなんて高いのもあるが)、といったように色々と違いがありますからね。これは日本とアメリカの安全に対する考え方、とかいろいろと違いがあるのでどちらが良い悪いという問題ではないと思いますが、やはり観客が安全に観戦できる、という事を考えると洋の東西を問わずに対策を練る必要があるのではないでしょうか?(事実アイスホッケーのリンクはあの固いパックが観客に当たらないようにあんなに高い特殊アクリル製のフェンスで囲っているのだし)

いずれにせよ今回野球観戦に来てこんな目に合ってしまった女性には地球の裏側からお見舞いを申し上げたいと思いますし、スポーツを安全に観戦できるようにファンも関係者も考えてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十分承知の上なんだけれど… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる