管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 40までとり続けたのもすごいんだが。

<<   作成日時 : 2015/07/27 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日まで行われていた大相撲名古屋場所は横綱白鵬の2場所ぶり35度目の優勝で幕を閉じましたが、今の3横綱(白鵬・日馬富士・鶴竜)をはじめとして今の相撲界はモンゴル出身の力士が中心となって動いているようですが、そのモンゴル人初の力士となった元関脇の旭天鵬が引退を表明したそうですね。

「40歳旭天鵬が引退=幕内在位99場所、出場1470回―大相撲」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00000072-jij-spo
「引退表明した相撲界のレジェンド、長女の話で涙「いろいろわかってたんじゃないかな」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00000521-sanspo-spo

今場所で3勝12敗と大きく負け越したことで十両陥落が決定的となり、結局引退を決意したようですが、それにしても23年間も土俵に上がり続けていた、というのは本当に驚くべき記録だと思いますし(ちなみに2012年の夏場所で37歳8か月で初優勝、というのは幕内最高記録だそうで)、そして40歳まで相撲を取り続けた(しかも幕内にとどまり続けた)、というのもまたすごいような気がしますね。

まあ、相撲界というのは中学校を卒業してから入門する力士もいれば、大学で学生横綱になってから入門する力士もいるので一概にどうとは言えないのですが、それでもやはり全盛期というのは20代後半から30代前半だと管理人は思っているんですよ(もちろん中には入門して1年たたずに引退する力士もいるが)。それを過ぎるとやはり体力の衰えも顕著になってくるし、今は力士が大型化していることもあってか、昔以上に取り組みやけいこでけがをする可能性も高くなってきていますからね。ですから余計に現役力士として長く勤められる、というのは難しいのではないか、と思うのですが(事実物まねタレントのコロッケの次男は3場所かそこらで負傷のために引退しちゃったし)、そんな中40歳まで現役力士でいられた、というのは本人もかなり体に気を付けていたのではないか、と思いますが。

なんでも今後は年寄として後進の指導に当たる、という事のようですが、40歳まで現役力士として勤め上げたことが今後の相撲人生に役立ってほしいですね。


NHK大相撲ジャーナル2015年9月号
アプリスタイル
2015-07-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大相撲ジャーナル2015年9月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
40までとり続けたのもすごいんだが。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる