管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんでいまさらという気もするが…

<<   作成日時 : 2015/07/25 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かつて日本でも活躍したプロレスラー、ハルク・ホーガンが黒人に対する差別的な発言をしたとかで所属団体のWWEを解雇された、というニュースがあったようですが。

「WWEがハルク・ホーガンを解雇、過去の差別的発言が理由か」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150725-00000011-jij_afp-spo
「WWE解雇のホーガン“侮辱的発言”認め謝罪「言い訳できない」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150725-00000095-spnannex-fight
「ホーガン解雇に武藤敬司絶句「えっ…ショック」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150725-00000104-sph-spo

全米最大のプロレス団体であり「スポーツ・エンターテインメント」を標榜しているWWEですけれど、最近はそれだけ組織が大きくなったからかどうか知りませんが、最近例えばドーピング違反とかで解雇されるレスラーも多くなってきているような気がするんですよね。もちろんいくら一時代を築いたスーパースターであってもそういったことがあったら解雇される、というのはまあ理解できるんですが。

なんでもホーガンの娘(というかもう61歳なのに驚いたが)が付き合っている黒人に対して、差別的な発言を8年前にしたことが最近になって明らかになったという事が解雇の理由らしいのですが。これが本当の理由なのか、あるいはWWEお得意のアングルなのかどうかはわかりませんが、いずれにせよアメリカというのはこういった黒人の差別に対してはうるさい国ですからね。いつぞやかあった黒人教会への銃撃事件とかありましたし、あるいはボルティモアで起きた暴動なんかもそうですが、一同こう言った騒ぎが起こるとなかなか鎮まらないのもまたアメリカですからね。管理人個人的にはいまだにアメリカの白人たちにはこういった差別意識というのがまだまだ残っているのではないか、と思うのですが。
もちろんこう言った差別というのはあってはならないことだと思いますし、ホーガン本人も「言い訳できない」と言っていますから深く反省してほしいですし、こういったことが起こらないように世間はもっと厳しい目を向けてほしいな、と思います、

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんでいまさらという気もするが… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる