管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たして本当に復帰するのだろうか?

<<   作成日時 : 2015/07/01 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2001年にシアトル・マリナーズに入団してからニューヨーク・ヤンキース→今年からマイアミ・マーリンズと活躍の場を求めて移籍しているイチロー選手ですがそのイチロー選手ににわかにこんな話が出てきているようですね。

「【MLB】イチローのマリナーズ復帰が急浮上!? 地元紙が提言「真剣に検討すべき」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00010002-fullcount-base
「【MLB】マリナーズはイチローを復帰させるべき? 地元紙の提言に65%が「YES」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00010007-fullcount-base

イチロー選手が入団した2001年に地区優勝を成し遂げたマリナーズですが、その後は低迷が続き、2015年シーズンも今日現在アメリカン・リーグ西地区の4位という結果になっているようですが、それはそうとメジャーリーグではこういった形のトレードというのは結構行われていますからね。ですから正直言ってイチロー選手もトレードの可能性がないわけではないのですが、ただ実際問題としてトレードが実現するのか、実現したとしても活躍できるのか、と言われれば「?」でして。

というのも記事によると今イチロー選手はマーリンズでもレギュラーを確保しているようですし(念のために言っておくとナショナル・リーグはDHがないから少なくともレギュラーポジションは一つ少ないし)、今年42歳になるとはいえ、MLBで一時代築いたプレイヤーという事でマイアミでの人気もかなりあるようですし、そういった選手をマーリンズが放出する、とも思えないのですが(まあ、確かにMLBでは地区優勝やワイルドカードがかかっているチームが他球団の主力選手をトレードで獲得する、という事はあるが)。
それにやはり年齢面もネックになりそうな気がするんですよね。確かにシアトルに戻ってくればファンも選手も歓迎するとは思いますが、だからと言ってMLBデビュー当時の活躍ができるかどうか、と言われればやはり15年という月日を考えると難しいのではないか、と思いますが。

まあ、いずれにせよ7月末までトレードの期限があると言いますし、マーリンズやマリナーズがワイルドカード争いに加われるかどうかでこの手のトレードが成立するかどうかとなるのでもうしばらく事態を見ていきたいですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たして本当に復帰するのだろうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる