管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じ日に起こるとはねえ。

<<   作成日時 : 2015/06/06 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

確か日本でも札幌ドームの日本ハム戦でファウルボールが当たってしまって球団と裁判になった、ということがありましたが(まあ、この件に関して個人的には「打球の行方にご注意ください」というアナウンスがあるのだから注意不足なのではないか、と思うのだが控訴中なのではっきりするまでコメントは控えておきます)、メジャーリーグでもこんなことがあったようですね。

「レッドソックス戦で折れたバットが女性の顔面に直撃」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150606-00000016-jij_afp-base

記事を見ただけでは何とも言えないのですが(そもそもバットが顔面のどの部分(左側頭部のようだが)が直撃したのか、折れた方が当たったのか、それとも折れてないほうが当たったのか、といったことも調べてみたけれどよくわからなかいし)、いずれにせよ生命にかかわる重傷という情報もありますし、とにかくこの女性が危機を早く脱することを願いたいですが、いずれにせよこういったことが起こったらレッドソックス(と言うかMLB)は何らかの対策が必要になってくるでしょうね。
たとえばこれが日本だと内野席にネットを張ったり、あるいはフィールドシートでの観戦時には備え付けのヘルメットをかぶって観戦する、という義務が課せられていますけれど、アメリカの場合はまずそういったことが(さすがにバックネットは貼ってあるが)なされていませんし、ファウルグラウンドも日本と比べると狭いところが多いですからね(そうでなくてもレッドソックスの本拠地のフェンウェイ・パークは100年以上前に立てた球場だから改修をいくらやっても球場全体の狭さは変わらないし)。確かに選手たちのプレイを間近に見られる、というメリットはあるでしょうが、だからと言ってこういった危険を放っておいていい、ということにはなりませんし。

ちなみにこの日の同じ試合ではこんなこともあって。

「両投げ投手が登板=2回を無失点―米大リーグ・アスレチックス」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150606-00000102-jij-spo

メジャーとしては約20年ぶり、史上3人目となる両手投げの投手のメジャーデビューという試合だったのにこういった事故が起こってしまった、というのは悲しいことですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同じ日に起こるとはねえ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる