管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS そんなに甘くはないんだけどね。

<<   作成日時 : 2015/06/24 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「元祖炎上芸人 波田陽区、“低評価なユーチューバー”称号でもニンマリの理由「無視はされてない」/<視線の先>インタビュー」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150624-00010004-trendnewsn-ent

かつて「ギター侍」として大ブレイクした芸人・波田陽区ですけれど、人気が過ぎ去った今何してるのかな、と思っていたらこんなことをしていたようで。
いや、管理人もこの記事を見て試しに動画を見たのですけれど、本人はこのネタが「絶対いつかウケる」と思ってやっているのか、という気もするのですがねえ。
本人ゆくゆくは「ユーチューバーになりたい」と言っているようですけれど、たとえばこれがニコ動だったら(こういうシステムはありませんが)、日本国内かせいぜいアジアあたりを考えればいいことかもしれませんが、YouTubeと言ったらそれこそ全世界が相手なんですからね。仮に日本国内でヒットしたとしても外国から見たら「Who is He?」と思われてしまうかもしれませんからね(そういった意味ではまだ「ギター侍」の方が世界を相手にしたときにはウケるのではないか、という気もするが)。ですからもしユーチューバーとして生きていきたいのだったらそれこそ1からネタを考え直す、くらいのことをするべきではないか、と思うのですが。

もう一つ。最近再ブレイクしているヒロミの番組でこんなことがあったようで。

「ヒロミ、司会番組終了で謝罪「結果を残せなかった俺の力不足」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150624-00000073-sph-ent

まあこういった番組というのはどんなに視聴率が低くても普通は半年はやらせるものなのですが、それが3か月で打ち切り、というのは異例といえば異例だと思うのですが、まあだからと言ってヒロミ一人が責任を負う必要もないのではないか、と管理人は思うのですが。

いずれにせよいくら人気タレントといえども何でもかんでもうまくいく、というわけでもないのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そんなに甘くはないんだけどね。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる