管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS どれが選ばれるんだか。

<<   作成日時 : 2015/06/22 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで2020年東京五輪まであと5年ちょっととなり、いろいろと話題が出てきているようですが、新国立競技場の建設云々について一つだけ言わせてもらうと、もし前年の2019年ラグビーワールドカップの決勝に間に合うように建設、という風にしなければもう少し計画そのものにも余裕を持たせることができて、あれだけの問題にならなかったのではないか、と思うのですが、まあ、現行案で行くにせよ見直しをするにせよ、2019年3月(もう4年ないんだから)という完成予定に間に合ってほしいと思います。

で、その東京五輪で「開催都市が競技を提案できる」という「五輪アジェンダ2020」に伴い、追加競技の募集をしたところ、26の競技団体が応募し、本日その中から8団体が1次選考を突破したそうですね。

「野球・ソフトなど8競技1次通過…五輪追加候補」
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20150622-OYT1T50073.html

最初募集に応じた26競技の中には相撲とかポロとかアメフトはとにかくチェスだのブリッジだのもあって管理人「何なんだこりゃ?」と思ったのがあったのも事実なんですが(まあ、チェスとかブリッジは「マインドスポーツ」と言われているが)、まあ残った8競技を見てみると順当といえば順当な結果かな、と思いますが。

で、これからどの競技が選ばれるか、ということになりますが、管理人の予想では提案されるのはどんなに多くてもせいぜい3競技なのではないか、と思うんですよね。そうなると2020年の採用競技をレスリングと争った野球・ソフトとスカッシュ、それから東京開催ということで種目入りを目指している空手や武術、それからソウル五輪で公開競技として行われているボウリングといったあたりが有利かな、という気もするのですが(サーフィンは独立した競技ではなくセーリングの一種目ならば可能性があるが)、もちろん8競技すべてか採用されない、ということもあり得ますからね。これからヒアリングなど2次審査を行って8月終わりに最終決定となり、来年のリオ五輪に合わせて開催されるIOC総会で追加競技が決まる、ということなのですが、果たしてそれまでの間にどれだけアピールできるか…

ちなみに管理人は最終選考では野球・ソフト、空手、スカッシュあたりが選ばれるのではないか(2競技だったらスカッシュが外れる)、と見ていますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どれが選ばれるんだか。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる