管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 1年半も名乗っていた方がある意味不思議な気も。

<<   作成日時 : 2015/06/12 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「たかじんさん番組終了 訴訟が関係?にテレ大「編成上の都合」と返答」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150612-00000061-dal-ent
「たかじんさん冠番組、全て消える…テレビ大阪が「NOマネー」終了を発表」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150612-00000040-dal-ent

昨年1月に急逝したタレント・やしきたかじんの3番目にして最後の妻になった家鋪さくらと遺族の間でもめ事が起こっているのはご存じの人も多いと思いますし、なんかいまだに決着がついておらず、泥沼化したのではないか、という気がするのですが(繰り返して言いますが管理人の立場は「やしきたかじんは嫌いなタレント。一連の騒動は遺族&長女支持」です)、これで関西でたかじんの名前がついた冠番組3つがすべて消滅するそうですね。

まあ3本とも関東では放送していないので(管理人が「たかじんは嫌い」と言っていた理由の一つが「東京のテレビ局を見下した態度を取っている」だったからね)どういう番組かわからない、と前置きしたうえでいうことをご了承願いたいのですが古い話で恐縮ですが、あの「平成教育委員会」だって放送当初は「たけし・逸見の」と冠がついていたのに逸見政孝氏が亡くなってから間もなくして冠を外したことを考えると死後1年半も冠をつけていたというのも考えてみれば不思議ですよね。
しかも「たかじんの―」とタイトルがついた番組は全部家鋪さくらのもとに使用料が入ってくる、といったことを「百田尚樹『殉愛』の真実」で読んだ覚えがありますし、ましてや「殉愛」騒動で相当彼女やあの本の著者の百田尚樹氏は風当たりが強くなった、と聞いていますからね。まあ、テレビ大阪(テレビ東京系列)は「編成上の都合」とか言っているそうですけれど、いくら本当でも「訴訟が関係している」とは言えないでしょうが(苦笑)。
それにたかじんが出なくなってからも(もちろん死後も)視聴率はそれほど変わりなかったという話ですから、今更「たかじん」を名乗らなくとも視聴率は取れる、といった判断もあったのかもしれませんね。

まあ、訴訟問題がどういった形に転がるかまだ予断を許さない状況が続いていると思いますが、いずれにせよファンにとっても「早く解決してたかじんをゆっくりと眠らせてくれ」と思っているのではないか、そう思います。


百田尚樹『殉愛』の真実
宝島社
角岡 伸彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 百田尚樹『殉愛』の真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1年半も名乗っていた方がある意味不思議な気も。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる