管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たしてどっちが勝つんだか。

<<   作成日時 : 2015/05/26 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで今日からプロ野球はセ・パ交流戦が始まり、今このブログを書いている時点で3時間かからないで6試合中2試合が終わり、それそれホームチームの巨人と阪神が勝ったようですが、今年から交流戦はシステムが若干変わってるんですよね。

「“変則”交流戦…球場、移動距離で格差」
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/special/baseball/npb/infographic/interleague

祖もその2005年から始まった交流戦は36試合(6回総当たり×6)→24試合(4回総当たり×6)と変わってきて、今年から18試合(3回総当たり×6)で今年ホームゲームを行った球団とは来年はビジターゲーム(巨人を例に出すと今年は西武・オリックス・ソフトバンクとホームゲーム、楽天・日本ハム・ロッテとビジターゲームで来年はその逆)と2年間で1回りするシステムに変わったり、今まで24試合の優勝チームを決めていたのを今年は全108試合で勝ち越したリーグが今年のドラフトの指名権が後になる(今まで通り交流戦勝率1位は表彰するが)、といったようなシステムに変わったんですよね(ちなみに去年はセ主催ゲームでDHあり、パ主催ゲームでDHなしという変則ルールだったが、今年は通常どおりセ主催がDHなし、パ主催がDHあり)。

まあ交流戦というのはその存在価値の是非はとにかく普段戦うことのないリーグと戦うことになりますし(ちなみにメジャーはア・リーグ、ナ・リーグとも15球団になっているため、毎試合交流戦が組まれているが)、DH制の有り無しをはじめとして普段のルールと違うルールでやるのですからそれなりの対応も必要になってきますしね。
それに交流戦が始まる前まではリーグ首位を走っていたチームが交流戦に突入すると途端に調子を落として結局それがそのままリーグが終わってみるとBクラスに沈んでしまった、という例もこれまで多々ありますからね。ですからやはり普段通りの戦い方ができるチームが交流戦でも強い、ということになるのでしょうか?

上にも書いたとおり、今年はセ・パの対抗戦、という色を濃くした大会になり、もちろんリーグとしての勝ち越しも必要ですが、やはりチームとしても1位を狙えるように戦ってほしいと思いますし(ちなみにこれまで交流戦はパの球団が8回優勝、セの球団は2回優勝(しかもいずれも巨人)と圧倒的にパが勝っている)、この勢いがそのまま交流戦以降も続くような戦い方をしてほしいと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たしてどっちが勝つんだか。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる