管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 考えてみればまだ大卒1年目なんだから。

<<   作成日時 : 2015/05/02 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球も開幕して1か月が過ぎ、故障者続出で今年は苦戦するのではないか、と言われていた巨人は高木勇人投手など若手が選手たちをカバーしていつの間にやら首位に立っていたり、ヤクルトやDeNAが大健闘を見せる(特にDeNAは今日9回2アウトから3点差をひっくり返して逆転勝ちしたそうな)、といった展開がありシーズン序盤からなかなか面白い展開となっているようですが、上にも書いたとおり、巨人の高木勇人投手がルーキーながら早くもローテーション投手になっているのに比べると、やはりまだまだ一群のレベルに達していない投手もいて…

「ロッテ田中2軍降格 中1日“追試”も伊東監督「通用しない」]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150502-00000007-spnannex-base

NPB史上初の京都大学卒の選手として話題になった(ちなみに東大出身の選手は3人いる)ロッテの田中投手ですが、4月29日の1軍デビュー戦で3回6安打3四死球5失点という散々な結果となってしまい、中1日置いた昨日の試合でも3回6安打4四球4失点という結果に終わってしまい結局2軍落ちが決まったそうで。

田中投手はドラフト2位で指名されたくらいですからおそらく実力そのものはあると思うのですが、考えてみれば大学出てまだ1年目の選手ですからね。大学の野球部と違ってプロ野球というのはやはりいろいろと違いが多いと思うのですが、(いくら高卒の選手よりは即戦力として期待できるとは言え)やはりまだまだプロの世界で活躍できるほどになっていない、ということなのかもしれませんね。それじゃ高木投手はどうなんだ、という声も聞こえてきそうですが、高木投手の場合はこれまで7回もドラフト候補に挙げられながら結局指名をされず昨年ようやく巨人に3位指名という形で入団したのですから、少なくとも実力は田中投手以上のものを持っていた、ということになるのではないか、と思うのですが。
まあ、とにかくこれも一つの経験だったと思いますし、2軍で徹底的に鍛えあげてまたいつか1軍に昇格できるようになってほしいと思います。

そういえば楽天に入団した安楽投手も故障で出遅れましたが今日イースタンリーグで1回を投げたそうで。まあ、新人というのはまずはプロの世界になれることが大切なのかもしれませんね。


プロ野球スピリッツ2015 公式パーフェクトガイド (ファミ通の攻略本)
KADOKAWA/エンターブレイン
週刊ファミ通編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロ野球スピリッツ2015 公式パーフェクトガイド (ファミ通の攻略本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
考えてみればまだ大卒1年目なんだから。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる