管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 来年起こらなければいいが。

<<   作成日時 : 2015/04/19 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2020年東京五輪まであと5年3か月となりましたが、今年に入って募集した「ゴールドパートナー」(日本国内での最高位スポンサー)にすでに12社が決定しており、この分だと2014年ソチ五輪を超えて過去最大のスポンサー料が集まるのではないか、という景気のいい話が聞こえてきますが、その一方で2018年冬季五輪が開催される韓国の平昌はスポンサー集めに四苦八苦している、という話もあり、同じアジアだというのにこの違いは何なんだ、という気もしますが、さらに来年8月の大会に向けて準備が急ピッチで進んでいる(であろう)ブラジルのリオでもこんなことがあったそうで…

「州政府が滞納、電話止められる…五輪で財政悪化」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20150419-OYT1T50042.html

個人的には州が電話料金を滞納する、というのはちょっと考えられないのですが(苦笑)、ただブラジルはBRICS(近年経済が発展しているブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの5か国)のうちの一つ、と言われながらもここ数年経済が停滞している、という話を聞きますし、何よりも昨年サッカーのワールドカップを開いて、来年がオリンピックという2大スポーツイベントをつづけさまに開催しますからね。前にも書いたと思いますが、オリンピックというのは開催権は都市単位に与えられるものですから、その分その州などの負担は相当なものになってしまうのは予想ですますが(だから昨年、開催都市の負担を減らすために「分散開催も可」とした「五輪アジェンダ2020」が採択されたのだし、東京だって財政負担を軽くするために埼玉県や千葉県での既存施設での開催を考えているのだし)。
いや、それでもまだ今のうちはいいと思いますが、肝心の五輪が始まってこんな事態になったらどうするんだ、という気もしてきますよね。確か昨年のワールドカップだって大会期間中にデモ運動が起こりましたが、今度のオリンピックでも同じことが起こる可能性があるわけだし、他にも解決しなければならない問題だってあるわけですしね。

ちょっとスケールが違いますが、昨年の仁川アジア大会の韓国での運営が世界中で笑いものになりましたが、ああいったことがリオで起こらないように(平昌? 今の時点では200%同じことが起こると思う)願いたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
来年起こらなければいいが。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる