管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 1年で何が変わったのか。

<<   作成日時 : 2015/04/16 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日広島空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故については事故から2日たった今も原因がはっきりわからないようですが、韓国人の社長が来日してきて関係買う意にお詫びに回ったり、日本人の副社長が謝罪会見を開いたり、と動いているようですが(なんで韓国の会社なのに副社長が日本人なのによくわからんが)、それはそうと、日本ではこういった事故が韓国で起こると一部ネット上で「これだから韓国は…」なんて声が聞こえてくるようですが、実は1年前の今日世界で話題になった「あの事故」が発生した日だったんですね。

「韓国大統領、早期引き揚げ表明=遺族と会えず、追悼行事中止―セウォル号事故1年」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000097-jij-kr
「韓国大統領、沈没の旅客船を「早期に引き揚げ」 事故後1年」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-35063299-cnn-int
「日本と違い過ぎる!セウォル号1周年追悼行事、朴大統領に続いて長官らも不参加=韓国ネット「さすがにひどくない?」「日本と比較しないで…」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000021-rcdc-cn

ちなみに一番下の記事は東日本大震災と比較しているので「自然災害と船舶事故を比べるのはちょっと違うんじゃねえの?」(たとえばこれが航空機墜落とかだったらまだわかるんだが)という気もしますが、まあそれはそうと、あの事故から1年過ぎて思うんですけれど、正直言って韓国は事故後もなんも変わっていないんじゃないか、という気がするんですよね。確かあの後地下鉄で事故が起きたり、ストリートライブの会場で事故が起きたりしていますし、1年たった今になってようやく沈没したセウォル号の早期引き上げを表明する、というのはいくらなんでも遅すぎるのではないか、という気もしますが。
それにいまだに事故の真相が明らかになっていないそうですが、まあ確かに船舶会社の社長が死んだということもあって真相が明らかになかなかできない、という事情もあるかもしれれませんが、だからと言って1年間もかかるものなのでしょうか?

いずれにせよ事故から1年たったというのに韓国は事故後もあまり変わっていないのではないか、そう思っている人も多いような気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1年で何が変わったのか。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる