管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS いろいろなミスが重なったような。

<<   作成日時 : 2015/04/15 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の夜8時ごろに韓国の仁川発広島行のアシアナ航空機が滑走路を外れて着陸し、20人以上の負傷者が出たという事故があり、なんか聞いた話では今でも広島空港が閉鎖されていて、再開の見通しが立っていないそうですが。

「着陸アシアナ機、滑走路外れ22人けが…広島」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150414-OYT1T50109.html
「広島空港「山あいで急に視界悪化も」…現役機長」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150415-OYT1T50018.html
「風向きで誘導装置使えず、識者「操縦士ミスか」」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150415-OYT1T50068.html

アシアナ航空という会社なんか聞き覚えがあるな、と思ってたら、2年前の7月にサンフランシスコで着陸に失敗して乗客3人が死亡、180人が負傷した、という事故を起こした韓国の航空会社だったんですね。今回もまた着陸失敗で事故を起こしてしまいましたが、不幸中の幸いは死者が出なかった、ということだと思いますが、それはそうと一体事故原因は何なのでしょうか?

確かに真ん中の記事にある通り、昨日は日本は全国的に天気が悪かったこともあって視界不良もあった可能性は十分にありますが、なんか高さ6メートルの通常の飛行ではぶつからないような無線アンテナに接触した、という情報もありますから操縦士の操縦ミス、という見方もあるようですね。確かに航空機というのは離陸時と着陸時に事故を起こしやすい、という統計もあるようですが、そういえば2年前のサンフランシスコの事故も操縦ミスが原因なのではないか、と言われていたことを管理人は覚えていますが、だとしたらアシアナ航空はああいった事故が起こったにもかかわらず、乗務員の教育がそれほど進んでいない、ということになるのでしょうか?

まあ、原因がわからないのでこれ以上のことは言えませんが、フライトレコーダーやボイスレコーダーはおそらく無傷で残っているでしょうから、そこから事故原因が解決するとともに、一刻も早い運航再開を願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いろいろなミスが重なったような。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる