管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京でこういうことが起こると

<<   作成日時 : 2015/04/12 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

管理人が住んでいる茨城の田舎と違って東京というのはたちかに交通のインフラという面でいうとものすごく発展していると思いますが、ただ一度トラブルが起こると大混乱が起こってしまう、というのはそれこそかつての東日本大震災の際の「帰宅難民」と呼ばれた人たちが大量に出たことでも証明されると思いますが、今日は山手線と京浜東北線の区間でこんなことが起こったようですね。

「山手線と京浜東北線、運転再開…支柱を撤去」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150412-OYT1T50010.html

ご存じのとおり山手線と京浜東北線と言ったら東京の鉄道の大動脈といってもいい路線だと思うのですが、その神田駅と秋葉原駅の間で朝6時10分ごろに支柱が倒れているのが発見され、鉄橋作業を行ったものの結局撤去し運転再開をしたのが4時近くだったというのですからなんだかんだで9時間半以上止まっていたことになりますが、まあ、これが平日だったらこれ以上の大混乱が起こっていたのではないか、とも考えられるし、逆にせっかくの休みに出かけようと思っていた人は予定が狂ったのではないか、とも思えるわけですけれど、とにかくいずれにせよおそらく今日一晩(それこそ終電が出るころまで)混乱が続くのではないか、と管理人は思いますが。

なんでも今回の事故の原因は、他の記事によると支柱の改良工事を行っている途中でその倒れた支柱は10日に傾いているのが発見されて、13日(つまり明日)に改良工事を行う予定だった、という話ですが、その間、たとえば補強工事などをしなかった、というのはどういうことなんでしょうかね?
いや、13日にどうせ改良工事を行うから、ということであえて放っておいたのかもしれませんが、でも10日にすでに傾いているのが発見されたわけでしょう? それから3日の間に今日のようなことが起こるのは十分に考えられたわけだし、ましてやそれこそ1日に数えるほどしか電車が走らないようなローカル線などではなく山手線の支柱ですぜ。数分に1本の割合で電車が(それも15両だかそこらで)走るのですから、こういったことが起こる可能性は高くなるわけですから、要人にこしたことはなかったのではないか、と思いますが。

いずれにせよ東京で一度こういうことが起こると終日混乱してしまうものだ、ということが改めて分かるような気がしますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京でこういうことが起こると 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる