管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS まあ、なんともなくてよかったけれど。

<<   作成日時 : 2015/03/22 19:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで本日選抜高校野球(センバツ)の2日目が行われ、昨日14−1という大差で鳥取県の米子北を破って2回戦に進出した常総学院の相手が決定する第1試合は今治西高校が和歌山の桐蔭高校を11−7で破り、2回戦にコマを進め、26日に常総と戦うこととなりましたが、その試合の終盤で今治西の選手が頭にデッドボールを食らって病院に緊急搬送される、という事態が起こったようですね。

「救急搬送の今治西・藤原は練習参加OK 九回に頭部死球も脳内出血なし」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150322-00000056-dal-base
「今治西の藤原が頭部死球で退場=選抜高校野球」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150322-00000048-jij-spo

管理人その瞬間の映像などを見ていないのでよくわからないのですが、左耳下部ということはヘルメットの耳当てのあたりに当たったということになるのしょうか? まあ、いずれにせよ脳内出血がなくて練習参加OKということは大事に至らなくてよかった、と言うことになると思いますが。

まあ、考えてみたらデッドボールというのは時速140〜150kmのボールが(バッターに届くころには若干スピードが落ちちえるとはいえ)飛んでくるのですから、それが体に当たったら大変なことになるし、いくらヘルメットをかぶっていた(しかも今は高校野球は左右両方に耳当てがあるヘルメットをかぶるのが義務付けられているし)としても完全に衝撃を緩めるものではありませんからね。実際プロ野球だって頭部にデッドボールを受けて病院に搬送される、ということも何度もありましたし(2〜3年前に広島の會沢選手が同じ目に遭った時はヘルメットのひさしにひびが入っていたことからもその衝撃がわかろうかというもの)。
まあ、確かに高校球児にとっては甲子園のグラウンドに立つ、というのが大きな夢でしょうし、その夢舞台に立てたことは立派だと思いますが、こんなことでせっかくの夢を台無しにしてしまうのは本人にとっても周りにとっても残念でしょうしね。

まあ、いずれにせよ相手が主力選手が欠けたままで戦う、というのも常総にとっても物足りないことだったかもしれませんから、26日にはしっかりともどってきてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まあ、なんともなくてよかったけれど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる