管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局こうなったか。

<<   作成日時 : 2015/01/09 19:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年があけてプロ野球界も選手たちが次々自主トレを開始しているようですが、そんな中オリックス残留を決めた金子千尋投手と共にメジャーリーグに挑戦するのではないか、と言われ、その行先が注目されていた阪神タイガースの鳥谷敬選手が今日、結局メジャー挑戦を断念し、阪神残留を決めたようですね。

「阪神が鳥谷の残留を正式発表 「熟考を重ねた結果、残留を決意」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00019863-baseballk-base
「鳥谷「阪神残留」の決め手は代理人の言葉だった」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000028-tospoweb-base

いや、鳥谷選手に関してはトロント・ブルージェイズなどが興味を示していて、ブルージェイズは具体的な契約内容を示した、とも言われていたのでこのまま入団をするのかな、という気もしたのですがね。
下の記事を見てみると鳥谷選手の代理人を務めていたスコット・ボラス氏(ソフトバンク入りした松坂投手などの代理人も務めている)が阪神残留を勧めていた、とも言われているそうですから、管理人が思うに鳥谷選手はMLBでは自分が考えていたほど評価が高くなかったのではないか、という気もするんですよね(金子千尋投手の場合も獲得に乗り出していた巨人や阪神は自分が考えていたほどの条件を提示されなかったから結局残留したのかな、と思えるのだが)。
おそらくはMLBの各球団もレギュラーで使うというよりもバックアップ要員で、使うとしても守備固めとかそういった場面で使うつもりだったのではないか、と思いますし、やはり鳥谷選手もアメリカに行くからにはレギュラーとして使ってほしかったのではないか、と思うのですが、西岡選手が2年で帰ってきたことを考えると日本人の内野手がメジャーで活躍するというのは相当難しいことなのではないか、と思うのですが。
これは管理人の個人的な意見ですが、鳥谷選手も33歳という年齢を考えると正直言って渡米したところでレギュラーになるのは難しいのではないか、と思いますし、もし4〜5年前にメジャー挑戦を表明していたら(その場合はポスティング移籍になるが)あるいは…、と思いますね。

シーズンオフの大物FAとも思われる二人は結局残留、という形に落ち着いたようですが、そうなるとやはり来年はチームの中心選手として活躍を見せなければいけないと思いますし、本人もそのくらいの気持ちがあると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結局こうなったか。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる