管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 創部96年目の初優勝

<<   作成日時 : 2015/01/03 18:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで昨日・今日と行われた新春恒例の箱根駅伝は往路で優勝した青山学院大学が復路もそのまま首位を保ち、10時間49分27秒という驚異的なタイムをたたき出し、創部96年目にして初優勝を成し遂げました。

「青山学院大が10時間49分27秒の驚異的な記録で初優勝=箱根駅伝」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150103-00000103-spnavi-spo
「初Vの青学大・原監督「一時は廃部危機も直面」=箱根駅伝」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150103-00000106-spnavi-spo

今年の大会は箱根の「山登り」「山下り」となる5区・6区がコースが変更されたため、昨年までの記録が参考記録扱いになってしまうので単純な比較はできないのですが、それにしても10時間50分を切るというのは驚きですし、その記録で初優勝というのも驚いてしまいますよね。
管理人、ちょっと調べてみたのですが、青学大はこれまで20回出場していて最高位が2012年と14年の5位で3位以内に入ったことというのが1度もなかったんですよね(しかも1976年から2009年まで33年間出場していない)。いや、ここ5年はシード権を獲得していたし、今大会でも優勝候補の一つに挙げられていたという話は聞きますが、33年間のブランクや33年ぶりに出場した2009年の大会が22位だったことを考えるとその翌年から5年連続でシード権を獲得し、そして今年は優勝、とよくもまあここまでチームを立て直すことができたな、という気がしますね。
明日からまた2016年大会への大会への戦いが始まると思いますが、優勝校として来年はどのような戦いをするか気になりますね。

ところで、箱根駅伝はトップがタスキを渡してから20分すぎると「繰り上げスタート」となる、というルールがあるのはご存知だと思いますが、今年もこういうことがあったようで…

「目前で無念の繰り上げスタート、日大泣き崩れる」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/ekiden/2015/news/20150103-OYT1T50058.html

いつも思うんですけれど、たとえば中継所のタスキを渡す地点から20メートル以内に前走が入ったら20分すぎても繰り上げスタートを行わずに次走にタスキを渡してスタート、といったような柔軟性は持たせられないんですかね?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
創部96年目の初優勝 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる