管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 決まりは決まりなんだから。

<<   作成日時 : 2015/01/26 19:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

というわけで昨日の話の続きみたいなものなんですが、15戦全勝という形で史上最多の33回目の優勝を飾った横綱白鵬が13日目の稀勢の里との取り組みに関して「審判団批判」とも思える発言をしたことが問題になっているようですね。

「白鵬が稀勢の里戦の取り直しを批判「子供が見ても分かる」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000038-tospoweb-spo
「白鵬、審判部を批判=北の湖理事長が注意へ―大相撲初場所」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000062-jij-spo

問題の13日目の相撲というのは一度は行司軍配が白鵬に上がったものの物言いがつき、結局同体ということで取り直しを行い(ちなみにもし行司が「これは同体」と思ってもどちらかに軍配をあげないといけないのがルール)、その相撲も白鵬が勝った、ということだったのですが、個人的には取り直しの相撲で負けたならとにかく勝ったのだから別にいいんじゃないか、という気もするんですが、なんでまたこんな発言をするのかな、という気もしますが。

そもそも物言いが付いた一番というのは5人の勝負審判員が協議するだけではなく行司に意見を求めたり、国技館内にあるビデオ室の意見を参考にして決めることなのですから、(5人の審判が座った位置によってどういう形に見えたか、というのは違うことはあるが)一度決まった判定を変えることなんてできませんし、一部スポーツで取り入れられている「チャレンジシステム」みたいなものは相撲ではないのですからねえ。
それにその13日目の相撲だって結局白鵬は取り直し、という指示に従ったのですから、後になって審判団の判定についてどうのこうの言うのは筋違いのような気もしますし、繰り返すようですが負けたのならとにかく勝ったのですからよし、と思えばいいのではないか、という気もしますが。

元横綱の朝青龍あたりから「横綱の品格云々」というのがなんかよく言われているような気がしますが、白鵬も横綱なのですからやはり自分の発言がどれだけ影響を与えるか、といったことは考えてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決まりは決まりなんだから。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる