管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS この人も名物社長でしたからね。

<<   作成日時 : 2015/01/13 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「芸能プロダクション会長・石井光三さんが死去 ラサール石井、磯野貴理子らが所属」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000319-oric-ent
「渡辺正行、石井光三さんに感謝「父親だった」 ラサール石井「超えられない」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000339-oric-ent
「今は別々…コント赤信号 3人で石井さん棺担ぐ 社長の理想は「誰も来られないこと」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000124-spnannex-ent

ある年齢以上の人だったらかつて「石井社長」(管理人この呼び方が慣れているので、以下こう呼びます)としてフジテレビで放送されていた「オレたちひょうきん族」などのバラエティ番組なんかに出演していたのを覚えている人も多いと思いますが(亡くなったのが83歳ということを考えると「ひょうきん族」をやってた頃はまだ50代ということか)、管理人初めて知ったんですけれど、もともとは子役出身で俳優から芸能プロダクション社長(のちに会長になったが)へと転身した方だったんですね。そう考えれば石井社長があれだけ演技がうまかったというのにも納得がいきますが。

それはそうと「石井光三オフィス」ってラサール石井(コント赤信号の3人も今は所属事務所が別々になっているというのも初めて知ったが)をはじめとして磯野貴理子とか内山信二とか結構有名なタレントがいますし、コント赤信号の他の二人を初めてとして大勢のタレントから逝去を惜しむ声が多いのもその人柄を示しているのかもしれませんね。
まあそれにしても「お葬式は派手にするなと。身内と所属のタレントだけでやると。タレントも仕事を調整するなと。一番理想的なのは誰も来られないこと」と言っていたそうですが、結構芸能ん人というには亡くなってから密葬等を済ませてから発表する、というパターンが多いようですが(たとえば高倉健氏がそうだったしね)、石井社長の場合も自分はあくまでも裏方であり、タレントのように目立つのは不本意、ということだった、ということなのでしょうか?
(その割にコント赤信号の3人は集まったけれど、それは石井社長も許してくれるだろう)

いずれにせよ名物社長が亡くなったことは残念であることは変わりありませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この人も名物社長でしたからね。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる