管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 8年ぶりの復帰に思う。

<<   作成日時 : 2014/12/27 18:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで3日続けて野球の話題ですが(苦笑)、2007年のオフに渡米し、メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャース→ニューヨーク・ヤンキースと渡り歩き、今年のオフにFAとなってその去就が注目されていた黒田博樹投手が8年ぶりに古巣の広島に復帰を決めたようですね。

「黒田 悩み抜いて男気の決断 メジャー21億円より4億でもカープ愛」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141227-00000006-spnannex-base
「日本復帰の黒田に米国ファン悲鳴「うそだろ!ヤンキースは彼が必要!」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141227-00000088-spnannex-base

いや、今回の発表に対して広島ファンが歓喜しているのは当然だと思うのですが、これまでメジャー帰りの選手というと大抵の選手は古巣に戻らずに他球団(特に阪神タイガース)に復帰する、というパターンが多いんですよね(もちろん古巣に復帰した選手もいなくはなかったが)。今でも管理人、城島健司氏が阪神ではなく渡米するときに行った「必ずホークスに戻ってくる」という言葉通りにソフトバンクに戻っていれば今頃ソフトバンクのコーチになっていたのではないか、と思っているのですが(そのためにも日本復帰の際には渡米前にいた球団に1週間の優先交渉権を与える、といったようにすればいいと思うのだが)、それはそうと今回黒田投手が古巣に復帰する、というのはやはり広島という球団が自分にとっての原点だった、ということになるのかもしれませんね。

黒田投手がヤンキースからFAになったとき、最初に所属したドジャースやあるいはパドレスが十数億という年俸でオファーをした、という話だし、そのままメジャーでやっていればおそらく相当の年俸が転がりこんだと思うのですが、黒田投手も来年で40歳ということで自分の現役生活もせいぜいあと数年、と思っていたのかもしれませんし、やはり最後は広島で野球人生を締めくくりたい、と思っていたのかもしれませんね。
結果的に渡米したときに「戻ってくるときは広島で」という約束を果たしたことになるわけだし、広島球団も背番号「15」を8年間空けていた甲斐があったと思いますが、ここ2年間Aクラス入りをして、今年はシーズン前半首位だった広島が24年ぶりの優勝を果たすことができるような活躍を黒田投手にファンは期待しているかもしれませんが、まあ、いずれにせよ8年間のメジャー生活がどれだけ黒田投手のピッチングに影響を与えたか来年見てみたいと思います。


決めて断つ
ベストセラーズ
黒田 博樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 決めて断つ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8年ぶりの復帰に思う。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる