管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たしてどう思ってるのかしら?

<<   作成日時 : 2014/11/08 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高須クリニックの高須克弥院長といえば、以前ドラマのCM枠を買い取るだのといったようなことが話題になったことも覚えている人も多いと思いますが、その高須院長の「命名騒動」が起きた競走馬が本日新馬戦でデビューして勝ったそうですね。

「“イエスタカス騒動”馬が新馬戦V」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141108-00000059-dal-horse
「【東京5R新馬戦】ダッシングブレイズ 好位から突き抜け快勝!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141108-00000086-spnannex-horse

ざっと説明しておくと「イエスタカス騒動」とは高須院長が友人から共同馬主の話を持ち掛けられ、2500万円を出資する代わりに命名権を譲り受け「イエスタカス」など3つを申請する→その友人から「審査を通らなかった」と聞きツイッターでJRAに激怒→実はその友人が最初から申請していなかったことを知り、JRAに詫びを入れ、今度はその友人にツイッターで激怒し、結局2500万円を返してもらう、という騒動だったわけですが、管理人思うんですけれど、その友人もなんでまた最初から申請していなかったのにも関わらず、「審査を通らなかった」と嘘をついたのかな、という気もするのですが、まあ、それはとにかく高須院長も果たしてどういった気持ちでこのニュースを聞いたのかな、という気もしますよね。

なんでもツイッターでは「馬には罪はない。よく頑張った!イエスタカス」と言っているそうですが、25000万円を返してもらった、という事は結局は馬主にはなっていない、ということになるわけですからね。まあ、今回の騒動に関しては友人に対する高須院長の怒りもわかることはわかりますし、もちろん仮に申請したとしても「イエスタカス」などの馬名が審査を通ったか、というのはわかりませんが「もし貸したらあの馬の馬主になっていたかもしれないのになあ…」と思っているのではないか、という気もするのですが。

まあ、競馬というのは新馬戦に勝ってもこれから条件戦→OP戦とステップをあがっていく必要がありますが、果たしてこれからどうなるか、高須院長は気になっているかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たしてどう思ってるのかしら? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる